ビッグニュースです! 今年限りでホンダを去ることを公表済みのダニ・ペドロサが、来年からKTMのテストライダーとして、ミカ・カリオとともに働くことを発表しました!

以前からそんな噂もありましたけど・・・

MotoGPに参戦するレッドブルKTMは先ほど、レプソルホンダのライダーとして今期一杯MotoGPを走るスペイン人ライダーのダニ・ペドロサを、2019〜2020年のテストライダーとして起用することを発表しました!

画像: 2018年シーズンの王者を決めたマルク・マルケス(93番ホンダ)と、チームメイトのダニ・ペドロサ(26番ホンダ)。 www.motogp.com

2018年シーズンの王者を決めたマルク・マルケス(93番ホンダ)と、チームメイトのダニ・ペドロサ(26番ホンダ)。

www.motogp.com

過去グランプリで3度タイトルを獲得し、最高峰MotoGPクラスで13年間戦ったベテランのペドロサは、7月のドイツGPのときに今期限りの引退を公表していました。その後の活動がどうなるか・・・は多くの人が注目していましたが、以前からスポンサーの関係でレッドブルがサポートするKTMに引き抜かれるのでは・・・みたいなウワサは出ていました・・・。

画像: KTMのモータースポーツ部門のディレクターであるピット・バイヤー(左)と、がっちり握手するD.ペドロサ(右)。 www.motogp.com

KTMのモータースポーツ部門のディレクターであるピット・バイヤー(左)と、がっちり握手するD.ペドロサ(右)。

www.motogp.com

ホンダV4を知り尽くした男が、KTM RC16を進化させる・・・のか?

2007年からホンダは、レギュレーション変更に合わせV型5気筒のRC211Vから、V型4気筒のRC212Vに主戦をスイッチしました。そして今に至るまでホンダはV4のMotoGPマシンを使用し続けているわけですが、ペドロサはその一部始終をつぶさに見て、そのマシンに乗ってきた唯一のライダーです。

KTMが現在MotoGPに投入しているRC16は、エンジン型式に関してはホンダと同じV4です。ホンダのV4のMotoGPマシンのすべてを知るペドロサがKTMに加入することは、KTMにとっては本当に心強いことでしょうね・・・。

今シーズンが終わってからの最初のテストで、おそらくペドロサ+KTM RC16の走りが初めて公になると思いますが、ペドロサの走りでKTMのMotoGPマシンであるRC16がどれだけ進化の速度を加速させるのか・・・注目しましょう!

This article is a sponsored article by
''.