2018年10月21日(現地時間)、アメリカ・オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカでF1第18戦アメリカGP決勝が行われ、フェラーリのキミ・ライコネンが今季初勝利を飾った。チームのために戦ってきたライコネンがこの日のヒーローとなった。ルイス・ハミルトンは3位、セバスチャン・ヴェッテルは4位だった。

予選2番手からオープニングラップでトップに立ち快勝

ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)とセバスチャン・ヴェッテル(フェラーリ)のチャンピオン争いに注目が集まる中、予選2番手からスタートしたキミ・ライコネン(フェラーリ)が第1コーナーでトップに立ち、2013年のオーストリアGP以来、5年半ぶりの優勝を飾った。

画像: 決勝スタートでハミルトンをパスしてトップに立つライコネン。

決勝スタートでハミルトンをパスしてトップに立つライコネン。

予選はハミルトンがポールポジションを獲得するも、ライコネンに先行を許し苦しい展開になっていく。そこで、バーチャルセーフティカー導入のタイミングで早めのタイヤ交換を行い揺さぶりをかけるが、2回タイヤ交換戦略がうまく機能せず、後方から追い上げてきたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)もパスすることができず3位に終わった。

一方のヴェッテルは練習走行中の赤旗速度違反のため、予選3グリッド降格となり、5番グリッドからの厳しいスタート。さらにオープニングラップでリカルド(レッドブル)と接触し、大きく順位を下げてしまうことになったが、それでも最終的には4位まで追い上げ、ハミルトンのドライバーチャンピオン決定を阻止した。

2018年のF1グランプリも残すところ、あと3戦。ドライバーチャンピオン決定は次戦メキシコGP(10月28日・メキシコシティ)以降に持ち越しとなった。ドライバーランキングは、1位がハミルトン(346P)、2位ヴェッテル(276P)、3位ライコネン(221P)となっている。

なお、トロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレーが9位入賞(エステバン・オコンとケビン・マグヌッセンが車両規定違反となり繰り上がり)。ピエール・ガスリーは12位に終わっている。

画像: 素晴らしい快走を見せ、久々の優勝を飾ったライコネン。皮肉なことに、自由な活動の場を求めて、来季よりザウバーに移籍することになっている。アメリカGPでの優勝で、ドライバーランキング3位に。

素晴らしい快走を見せ、久々の優勝を飾ったライコネン。皮肉なことに、自由な活動の場を求めて、来季よりザウバーに移籍することになっている。アメリカGPでの優勝で、ドライバーランキング3位に。

画像: トロロッソはハートレーが9位入賞でドイツGP以来のポイントを獲得した。

トロロッソはハートレーが9位入賞でドイツGP以来のポイントを獲得した。

■2018年F1第18戦アメリカGP決勝結果

優勝 7 K.ライコネン フェラーリ
2位 33 M.フェルスタッペン レッドブル
3位 44 L.ハミルトン メルセデス
4位 5 S.ヴェッテル フェラーリ
5位 77 V.ボッタス メルセデス
6位 27 N.ヒュルケンベルグ ルノー
7位 55 C.サインツJr. ルノー
8位 11 S.ペレス フォース・インディア
9位 28 B.ハートレー トロロッソ
10位 9 M.エリクソン ザウバー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.