アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスノーボードクロスの要素を取り入れた競技「アイスクロス・ダウンヒル」の世界選手権、ATSX レッドブル・クラッシュドアイス・ワールドチャンピオンシップの2018‒19シーズン開幕戦が12月7日(金)、8日(土)に横浜市にある臨港パークで日本初開催される。
(©︎Red Bull Media House)

この迫力は、実際に見てみたいもの!

レッドブル・クラッシュドアイスは、アイスホッケーのプロテクターを付けた選手が最高時速80kmに達する中、街中に設置された高低差がある最長約600mの氷でできた特設コースを一斉に滑り降りるレースだ。
レースは1ヒート4名で行われ、コース途中に設置されたヘアピンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などの障害物をかわしながら、選手たちは猛スピードで駆け抜けていく。その様子は圧巻以外の何物でもない。
このレースは2001年に初開催され、2010年より世界選手権となり、これまで49大会を開催している。そして記念すべき50回目の大会を、神奈川県横浜市で日本初開催することになった。

画像: 写真は2017-18シーズンのエドモントン(カナダ)。大観衆に囲まれたコースを選手たちが滑り降りていく。

写真は2017-18シーズンのエドモントン(カナダ)。大観衆に囲まれたコースを選手たちが滑り降りていく。

会場は、横浜市西区みなとみらいの臨港パーク特設会場。
開催日時は、予選日が2018年12月7日(金)15:00開場、17:15スタート
決勝日が12月8日(土)15:00開場、18:00スタート

画像: 転倒や激突は日常茶飯事。毎レースとも、誰が真っ先にゴールするかは予想がつかない!

転倒や激突は日常茶飯事。毎レースとも、誰が真っ先にゴールするかは予想がつかない!

世界最速のスケートスポーツと言われる、アイスクロス・ダウンヒルの世界選手権「レッドブル・クラッシュドアイス」。
2018-19シーズンは、開幕戦の横浜のあと、ユヴァスキュラ(フィンランド)とボストン(アメリカ)で開催予定だ。
横浜大会のチケットは既に発売中。
この究極のウインタースポーツを目の当たりにしたい人は、お早めにご予約を!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.