MotoGP世界選手権 第16戦「MOTUL」グランプリofジャパンが終わりました。勝ったのはマルク・マルケス(レプソルホンダ)。レース序盤からアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)とマッチレースを繰り広げましたが、レース残り2周というところでドビツィオーゾが転倒! マルケス、勝ってワールドチャンピオンを決めました!

本当に美しいレースでした。スタートからポールシッター、ドビツィオーゾがレースを引っ張り、予選6番手のマルケスはオープニング終わりには2番手に浮上してドビツィオーゾをチェイス! レース中盤あたりまではカル・クラッチロー(LCRホンダ)、バレンティーノ・ロッシ(モビスターヤマハMotoGP)、アレックス・リンス&アンドレア・イアンノーネ(TeamSUZUKIエクスター)あたりがトップグループを形成しましたが、レースが中盤を過ぎると徐々にドビツィオーゾvsマルケスの一騎打ちの様相を呈すようになってきました。

画像: オープニングラップのさいご、こんな感じです もうマルケス2番手に上がってますね

オープニングラップのさいご、こんな感じです もうマルケス2番手に上がってますね

画像: 3番手にクラッチローが食らいつき、こんなポジション

3番手にクラッチローが食らいつき、こんなポジション

スタートからずっとトップを譲らないドビツィオーゾ。マルケスは中盤、ドビツィオーゾをV字コーナーで刺しますが、ドビツィオーゾも抜き返し、ドビツィオーゾ→マルケスの順で終盤戦へ。

画像: 3番手以降を引き離してのふたりの一騎打ち このあと、ドビツィオーゾは転倒して姿を消してしまいます

3番手以降を引き離してのふたりの一騎打ち このあと、ドビツィオーゾは転倒して姿を消してしまいます

このあたりでは、ドビツィオーゾのペースがよく、少し余裕があったようにも見えたんですが、マルケスは残り5周あたりかな(注:あとでちゃんとデータみときます)再びドビツィオーゾをパス。ドビツィオーゾも余裕をもってマルケスをつついているように見えたんですが、この時のふたりのランデブーが本当に美しかった。ぴったり息の合ったせめぎあいで、つかず離れず、一定の距離をもってのハイラインバトル。快晴のツインリンクもてぎの陽に映えて、ものすごくクリーンでフェアで、神々しくも美しいバトルだったんです。

画像: MotoGPクラス5回目のチャンピオンを獲得したマルケス チャンピオンセレモニーはファミコン風のボードを用意しての「7」祝いでした そのへんも後ほど写真掘り起こしてお伝えしますね

MotoGPクラス5回目のチャンピオンを獲得したマルケス チャンピオンセレモニーはファミコン風のボードを用意しての「7」祝いでした そのへんも後ほど写真掘り起こしてお伝えしますね

画像: 2位にクラッチロー 初日からの調子のよさを決勝レースまで持続しました

2位にクラッチロー 初日からの調子のよさを決勝レースまで持続しました

画像: ドビツィオーゾが戦列を去ったとはいえ、3位表彰台を獲得したリンス 来シーズンのスズキのエースです!

ドビツィオーゾが戦列を去ったとはいえ、3位表彰台を獲得したリンス 来シーズンのスズキのエースです!

画像: 4位に入ったロッシ。不調をかこったヤマハYZR-M1も、中須賀の参戦で光明が見えたようです

4位に入ったロッシ。不調をかこったヤマハYZR-M1も、中須賀の参戦で光明が見えたようです

しかし、美しいドラマは最後までは続きませんでした。ラスト2周といったところで、マルケスの背後にビタビタにつけるドビツィオーゾがヘアピンで転倒! うわぁぁ、けっこういっぱいいっぱいだったんだぁぁ、ってその時世界中が気付いたに違いありません。
これでマルケスは2番手クラッチローまでセーフティアドバンテージがあり、優勝でワールドチャンピオンを獲得! 2位にクラッチロー、3位にリンスが入ったレースとなりました。

各ライダーのコメントを含め、詳細はまた後程。いやぁ、本当にどっちにも勝ってほしかった。美しい美しいバトルでした。おめでとうマルケス! がんばったぞドビオツィオーゾ!

写真・文責/中村浩史

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.