全日本RRを闘う「ワークスカラー」を採用

画像1: 全日本RRを闘う「ワークスカラー」を採用
画像2: 全日本RRを闘う「ワークスカラー」を採用

予選も大盛り上がりだった日本GP。いよいよ今日は決勝ですが、
その会場・ツインリンクもてぎのホンダブースには、
なんとCBR250RRのニューカラーが展示されています。

画像3: 全日本RRを闘う「ワークスカラー」を採用
画像4: 全日本RRを闘う「ワークスカラー」を採用

全日本ロードレースを闘う高橋巧選手が駆るワークスマシン、
CBR1000RRWのカラーリングをあしらったCBR250RR。
モーターサイクルショーには同じCBRでも、1000RRの
カスタマイズコンセプトにこのカラーリングが採用されましたが、
今回の250RRはなんと市販予定車としての登場。
現行モデルのレッドはアジア選手権を闘うオフィシャルチームカラーを
あしらったものですが、今回のワークスカラーもカッコイイです!

画像5: 全日本RRを闘う「ワークスカラー」を採用
画像6: 全日本RRを闘う「ワークスカラー」を採用
画像7: 全日本RRを闘う「ワークスカラー」を採用

今回はフレームをアルミ風のシルバー仕上げとするなど、
非常に凝ったできばえ。市販予定ということですから、
2019年モデルのカラーリングになる可能性が高いということ。
お値段や発売時期がどうなるかは未定ですが、
今から楽しみですね! 今日の決勝レースをツインリンクもてぎで
観戦される方は、ぜひホンダブースで現車を見てきてください!
(CBR250RR写真:中村浩史)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.