2019年に創立100周年を迎えるベントレーから「2019年に生産されるすべての車両に100周年記念仕様を装備する」という発表があった。ベントレーの車両はすべて英国クルー工場で生産されている。

2019年はベントレーにとって特別な1年となる

ベントレーは、来年2019年、創立から100年目を迎えるにあたり、全モデルに100周年を記念する「センテナリー(Centenary)」特別仕様を用意することになった。記念碑的モデルや数々の出来事にインスパイアされたこの100周年記念の特別仕様は、2019年1月から12月までに英国クルーの工場で製造されるすべてのベントレーに装備される。

画像: 「センテナリー・ゴールド」はエレガントで温かみのある色調と液体のような深みのあるカラーであり、伝統とレースの勝利を称える証でもある。ボンネット先端のベントレーのロゴにもこれが配されている。

「センテナリー・ゴールド」はエレガントで温かみのある色調と液体のような深みのあるカラーであり、伝統とレースの勝利を称える証でもある。ボンネット先端のベントレーのロゴにもこれが配されている。

画像: ステアリングホイールバッジ、キーフォブ、ギアセレクターなど、随所に記念デザインがあしらわれている。

ステアリングホイールバッジ、キーフォブ、ギアセレクターなど、随所に記念デザインがあしらわれている。

画像: 100周年記念の特製ウエルカムライトが乗員を迎える。

100周年記念の特製ウエルカムライトが乗員を迎える。

画像: センテナリーゴールドの刺繍。シートバックに丁寧に縫い込まれている。

センテナリーゴールドの刺繍。シートバックに丁寧に縫い込まれている。

その内容は、熟練した技能と細部へのこだわりを反映した「特製ウエルカムライト」「100周年記念バッジ」「記念刺繍入りシート」「1919-2019特製トレッドプレート」などで、いずれもセンテナリー・ゴールド(Centenary Gold)からフューチャーされたもの。ビンテージベントレーの金属加工に敬意を表し生まれたセンテナリーゴールドのステッチも随所に施される。

2019年製のベントレーは、すべてが創立100年記念モデルとなり、コレクターズアイテムとなることだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.