トヨタ博物館が毎年、東京・神宮外苑で開催するクラシックカー・フェスティバル。2018年は11月17日(土)に開催されることが決定した。(タイトル写真は、2017年のパレードスタート風景)

恒例となった「いちょう並木」パレードなども行われる。

トヨタ博物館(愛知県長久手市)は、「2018 トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を11月17日(土)に東京の明治神宮外苑で開催する。

画像: 2017年の明治神宮外苑いちょう並木パレード風景。黄葉が美しい!

2017年の明治神宮外苑いちょう並木パレード風景。黄葉が美しい!

毎年、晩秋の時期に明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前にズラリと並ぶクラシックカーを眺めるのを楽しみにしている人は、けっこう多いのではないだろうか。
恒例となった、一般参加の約100台が黄色く色づいた「明治神宮外苑いちょう並木」から銀座の中央通りを通過するパレードも行われる。

画像: 2017年の会場風景。ギャラリーの数は、けっこう多い!

2017年の会場風景。ギャラリーの数は、けっこう多い!

2018年の企画展示は「Japanese Vintage Year 1989」がテーマ。1989年(平成元年)に、各メーカーから発表された代表的な5台の車両を紹介する。
その5台とは、スバル・レガシィ ツーリングワゴン、日産 スカイラインGT-R、ホンダ NSX、ユーノス ロードスター、そしてトヨタ セルシオと、まさにヴィンテージイヤーと呼ばれた1989年を代表するクルマばかり。

画像: 1937年製ホルヒ853なんていう珍しいクルマと記念撮影もできる!

1937年製ホルヒ853なんていう珍しいクルマと記念撮影もできる!

また、実際に乗車して(走らないが)記念撮影ができる車両として、1914年製フォード・モデルT ツーリング(アメリカ)、1937年製ホルヒ853(ドイツ)、そして1967年製ジャガー Eタイプ(イギリス)も展示される。

入場は無料。開催時間は、10:00〜15:30。
雨天決行だが、諸事情によりプログラムが変更されることもある。

各メーカーやブランドの垣根を超えて行われる、平成最後のトヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル。
晩秋の一日を、クラシックカーを眺めて楽しんでは、いかが?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.