2018年10月17日、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamから、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦するドライバーが発表された。2019年シーズンも3台のヤリスWRCで全イベントに参戦する。

シトロエンからクリス・ミークが新たに加入

今季2018年WRCに、オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組の3台のヤリスで参戦しているトヨタ(TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team)から、来季のチーム体制が発表された。

それによると、シトロエンからクリス・ミークが加入、オット・タナック、ヤリ-マティ・ラトバラのドライバー布陣となる。エサペッカ・ラッピは今季終了後、チームを離れる。

新たにチームに加わることになったクリス・ミークは、北アイルランド出身で、2015年以降5度WR優勝を果たしている。これまで主にシトロエン、プジョーで活躍してきたが、トヨタはその速さと経験に大きな期待を寄せている。なお、ミークのコ・ドライバーは未定。

トヨタは今季好調で、全13戦中11戦ラリーGBが終了し、残り2戦となった時点で、マニュファクチャラーズ部門をリード(ヒュンダイに20ポイント差)。ドライバーズ部門でも、オット・タナックがトップと21ポイント差の3位、エサペッカ・ラッピも4位、ヤリ-マティ・ラトバラが5位につけている。

画像: 2018年シーズン、すでに4勝をあげドライバーズ部門3位につけるオット・タナック。

2018年シーズン、すでに4勝をあげドライバーズ部門3位につけるオット・タナック。

画像: トヨタWRC復帰初優勝をプレセントしたのはヤリ-マティ・ラトバラだった。

トヨタWRC復帰初優勝をプレセントしたのはヤリ-マティ・ラトバラだった。

画像: シトロエンから移籍することになったクリス・ミーク。

シトロエンから移籍することになったクリス・ミーク。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.