2018年7月に登場したアルファロメオ初のSUVステルヴィオ、そのラゲッジルームにキャディバッグを何本搭載できるのか、実際に試してみよう。

3名乗車+キャディバッグ3本が基本

アルファロメオ ステルヴィオのラゲッジルームに、キャディバッグを横に倒して積載することはできなかった。そのため、3分割可倒式リアシート(40:20:40)の中央と右側を倒して3本を積載。この状態で4本を積むこともできるが、その場合4人乗車はできないことになる。

ただ、今回試乗した「ファーストエディション」には、harman/kardonのプレミアムオーディオシステムが標準装備され、ラゲッジルームにはサブウーファーが埋め込まれている(画像左側)。このシステムがない状態で、キャディバッグを横に倒して搭載できるか次回試してみたい。

画像: 横にしての積載はできなかった。リアシートを倒せば4本搭載も可能になる。

横にしての積載はできなかった。リアシートを倒せば4本搭載も可能になる。

画像: 3本積載した状態で、バッグミラーを覗く。視界は良好。

3本積載した状態で、バッグミラーを覗く。視界は良好。

画像: キャディバッグ2本を積載。

キャディバッグ2本を積載。

画像: キャディバッグ1本を積載。

キャディバッグ1本を積載。

ステルヴィオのラゲッジルーム容量は525〜1600L

画像: リアシートを起こした通常の状態でラゲッジルーム容量は525L。

リアシートを起こした通常の状態でラゲッジルーム容量は525L。

画像: リアシートをすべて倒すと1600Lに拡大。

リアシートをすべて倒すと1600Lに拡大。

今回使用したキャディバッグ

画像: OWL Alligator Collection 5WAY CART BAG(AL8ACT) サイズ:8.5型 重量:約3.6kg 本体素材: ポリウレタン

OWL
Alligator Collection 5WAY CART BAG(AL8ACT)
サイズ:8.5型
重量:約3.6kg
本体素材: ポリウレタン

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.