2018年10月12日、イギリスの新聞サンデータイムス紙による2018年カー・オブ・ザ・イヤー「モーターアワード2018」にランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ クーペ/スパイダーが選出され、その授賞式がイギリス・ロンドンで行われた。

ジェレミー・クラークソン氏が絶賛

この賞は、イギリスBBCの自動車番組「トップギア」やサンデータイムス、ザ・サンなどでおなじみのジェレミー・クラークソン氏が中心となって主宰するもので、「スピードだけでなく、また美しいだけではない。アクティブな空力システムとエアロベクタリングを特長とするペルフォルマンテは、わずか2.9秒で0→100km / hで加速し、最高速度は325km / hを実現、ダイナミックで美しいドライブをもたらしてくれる」とランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテを絶賛した。

画像: ジェレミー・クラークソン氏(左)とランボルギーニのマウリィツィオ・レッジャーニ研究開発担当取締役。

ジェレミー・クラークソン氏(左)とランボルギーニのマウリィツィオ・レッジャーニ研究開発担当取締役。

画像: モーターアワード2018を受賞したウラカン・ペルフォルマンテ。

モーターアワード2018を受賞したウラカン・ペルフォルマンテ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.