2018年10月16日、ポルシェAGが、パナメーラ /パナメーラ スポーツツーリスモの「GTS」モデルを発表した。日本仕様の発表もそれほど時間はかからないようで、早ければ11月発表、年内にも上陸すると予想される。

GTSはグランツーリスモスポーツを意味するポルシェの伝統的ネーミング

ポルシェで初めてGTSの名を冠した公道走行が可能なモデルは1963年にデビューした904カレラGTS。モータースポーツのテクノロジーを市販車に採用したモデルだった。1980年代、90年代には、924GTSと928GTSがこのGTSのコンセプトを継承。

そして2007年、GTSの名は911カレラGTSで復活を遂げ、2011年にパナメーラGTSがスポーツサルーンとしてデビューしている。そして今回デビューした第2世代のパナメーラでは、スポーツツーリスモに初めてGTSが導入された。

画像: スポーツツーリスモにもGTSモデルを設定、「GTS=グランツーリスモスポーツ」にふさわしいと言える。

スポーツツーリスモにもGTSモデルを設定、「GTS=グランツーリスモスポーツ」にふさわしいと言える。

460psを誇る4L V8エンジンとスポーツエギゾーストシステムを採用

パナメーラ /パナメーラ スポーツツーリスモGTSのパワーユニットは最高出力460ps(338kW)と最大トルク620Nmを発生する4L V8ツインターボエンジン。先代のGTSモデルを20ps(15kW)、100Nm上回り、スポーツクロノパッケージとの組み合わせで0→100km/h加速は4.1秒、最高速度はパナメーラGTSで292km/h、GTSスポーツツーリスモは289km/hと発表されている。

トラクションは4WDシステムのポルシェトラクションマネージメント(PTM)とツインクラッチシステムの8速PDKにより効率よく路面に伝えられ、EU総合燃費は9.7km/L(スポーツツーリスモは9.4km/L)を達成。スポーツエギゾーストシステムはエモーショナルなサウンドとドライビング体験、優れた燃費に貢献する。

画像: エンジンは最高出力460ps(338kW)と最大トルク620Nmを発生する4L V8ツインターボを搭載。

エンジンは最高出力460ps(338kW)と最大トルク620Nmを発生する4L V8ツインターボを搭載。

スポーツシャシと3チャンバーアダプティブエアサスペンション

スポーティなパフォーマンスを実現すべく開発されたパナメーラGTSは、ダイナミクス性能にも当然力が注がれている。3チャンバーテクノロジーを備えるアダプティブエアサスペンションは、柔軟な操作性と最適なばねレートを実現。通常モデルより車高が10mm低くなり、ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)も専用にチューニングされている。また、この運動性能に合わせて、ブレーキローターも大型化(前390mm、後365mm)されている。

ブラックコントラストが特徴のスポーツデザインパッケージ

エクステリアもGTSらしい仕上がりとなっている。フロントエンドとリアボトムをブラックコントラスト仕上げとし、20インチのパナメーラデザインホイールを標準装備。インテリアにはアルカンターラとアルミニウムを随所に採用している。

また、オプションのGTSインテリアパッケージでは、タコメーターやステッチで好みの色を選べるほか、室内のGTSロゴもカーマインレッドとクレヨンから選択可能となる。

気になる価格や日本仕様の設定はもうすぐ明らかになる。

画像: パナメーラに初めてヘッドアップディスプレイを採用。予め選択された項目がフルカラーのディスプレイに表示される。

パナメーラに初めてヘッドアップディスプレイを採用。予め選択された項目がフルカラーのディスプレイに表示される。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.