今年7月に開催されたグッドウッドフェスティバル・オブ・スピードで衝撃のデビューを飾ったGT-Rの生誕50周年記念プロトタイプ車「GT-R 50 by Italdesign」が凱旋帰国。本日より、東京・銀座の「NISSAN CROSSING(日産クロッシング)」で一般公開が始まった。

画像: プロトタイプではあるが、ほぼこのままのカタチで来年から生産が始まる。完全ハンドメイドで世に出るのは最大でも50台だ。

プロトタイプではあるが、ほぼこのままのカタチで来年から生産が始まる。完全ハンドメイドで世に出るのは最大でも50台だ。

「GT-R 50 by Italdesign」は、2019年に生誕50周年を迎えるGT-Rと、2018年に創立50周年を迎えたイタリアのカロッツエリア=イタルデザインが初めて共同開発したプロトタイプモデル。ほぼこのままのカタチで、来年には限定50台の生産を想定している。

その内外装のデザインは日産(欧州・北米)が手掛け、開発・設計・制作はイタルデザインが担当した。GT-Rニスモの基本骨格とメカニズムは継承しながも、最新のデジタルテクノロジーを用い、さらなるパフォーマンスアップを目指してボディ形状をリメイク。全長・全幅はそれぞれ94㎜・97㎜延長拡大、一方ルーフ高は下げられて全高は54㎜下げられている。

画像: 新たな造形を与えられたリアまわり。デジタルシミュレーションにより空力性能を大幅にアップしている。

新たな造形を与えられたリアまわり。デジタルシミュレーションにより空力性能を大幅にアップしている。

画像: 新たにデザインされたインテリア。メーターはGT3レーシングカーのものが装着される。

新たにデザインされたインテリア。メーターはGT3レーシングカーのものが装着される。

オリジナルシェイプのボディ後半とドア&ルーフはアルミ化、Aピラーから前は主にカーボンが採用されている。ボンネットもカーボン製のカウルに変更されており、その下に収まるエンジンはベース車と同じVR38DETTながら、NISMOチューンにより720ps以上の最高出力を誇る。

画像: NISMOで手組みされるVR38DETTは、GT3用大径タービンの組み込みを始めレースのノウハウを注入される。

NISMOで手組みされるVR38DETTは、GT3用大径タービンの組み込みを始めレースのノウハウを注入される。

生産予定台数は前述のとおりジャスト50台。生産車はプロトタイプとほぼ同じ仕様ながら、サーキット走行も視野に入れた「トラック仕様」と日常的な走行を優先した「標準仕様」のふたつを基本仕様とする。さらに内・外装色や、内張の素材などもオーダー可能となる。

「GT-R 50 by Italdesign」は本日10月15日から11月25日までの限定展示。この機会を逃すと、もう二度と実車にはお目にかかれないかも!?

会場:NISSAN CROSSING
東京都中央区銀座5-8-1
TEL 03-3573-0523
時間 10:00〜20:00

最後に耳寄りな情報をひとつ。「GT-R 50 by Italdesign」にインスパイアされた完全受注生産のカスタムメイドウォッチ「<グランドセイコー>スポーツコレクションスプリングドライブクロノグラフGMT featuring Nissan GT-R 50 by Italdesign」が完全受注生産で発売されることが明らかになった。価格は驚きの2000万円! NISSAN CROSSINGにそのコンセプトモデルが展示されている。一期一会、こちらも見ておいて損はない。

画像: 購入希望者は、NISSAN CROSSINGの対面にある「セイコーフラッグシップサロン(和光本館1階)」まで。

購入希望者は、NISSAN CROSSINGの対面にある「セイコーフラッグシップサロン(和光本館1階)」まで。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.