模様の設計図を元に、絣(かすり)部分に糸を結んで染料を染み込ませないように加工。その状態で染色することで、色の濃淡が出来上がる。その糸を織っていくことで模様を描くのだ。
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.