レクサスNXで行く女子旅。結城紬の生産地、茨城県結城市で伝統工芸士に会う。

日本各地にある伝統的な工芸品の数々。その製法や魅力などを、ドライブとともに体験・紹介する企画。今回は茨城県結城市で作られる「結城紬」。二輪も操るモータージャーナリスト先川知香さんによるレポートです。
記事本文に戻る
女性客に人気の御料理屋「kokyu.」は完全予約制!地元産の米や野菜、肉などを材料とした料理を用意してくれる「kokyu.」で、舌鼓を打つ秋葉糀味噌醸造で醸造、販売されている味噌。天保3年に創業した味噌どころ、秋葉糀味噌醸造で天然醸造の蔵を見学。味噌はもちろんだが、国の登録有形文化財に登録されている見世蔵も一見の価値あり!結城紬の模様の設計図がこれだ。結城紬を1着作るのに必要な繭の数を知って驚き。その数、なんと2200個!昼食をいただいた「kokyu.」さんで、ひと休み。純和風な店内です。

This article is a sponsored article by
''.