去る10月8日(現地時間)、欧州日産のベストセラーSUV「キャシュカイ」が大幅な仕様変更を発表した。その中身が気になる!!

欧州で人気の小型クロスオーバーSUV「日産キャシュカイ」が大幅にアップグレード。エクステリアの変更はわずかだが、注目すべきは新たに搭載されたパワートレーンだ。

画像: 新開発の1.3ℓ直4ターボエンジンに換装。最高出力は140ps仕様と160ps仕様がラインアップされる。新型メルセデス・ベンツAクラス(欧州仕様)に搭載されるものと似ていると思うのは気のせいか?

新開発の1.3ℓ直4ターボエンジンに換装。最高出力は140ps仕様と160ps仕様がラインアップされる。新型メルセデス・ベンツAクラス(欧州仕様)に搭載されるものと似ていると思うのは気のせいか?

ボンネットの下に収まるのは、新開発の1.3ℓのガソリンターボ・エンジン。140馬力仕様と160馬力仕様の2タイプが用意され、6速マニュアルミッションのほか160馬力仕様には日産の量産車(GT-Rを除く)としては初めての7速DCT(新型ルノー・メガーヌと同型?)が設定された。他にもAndroid Auto、Apple CarPlayに対応した新インフォテイメントシステムが採用されている。

画像: 日産の量産車ではGT−Rを除き初搭載となる7速DCT。新型メガーヌに搭載されるものと同じ型式だと思われる。

日産の量産車ではGT−Rを除き初搭載となる7速DCT。新型メガーヌに搭載されるものと同じ型式だと思われる。

キャシュカイといえば、日本で発売されている「エクストレイル」の事実上の兄弟車。ホイールベースや車高などは異なるが、エンジンコンパートメントは共通だ。ということは、近い将来にエクストレイルにも1.3ℓターボエンジンと7速DCTの組み合わせが実現するのかも…?

画像: 160ps仕様のエンジンと7速DCTの組み合わせで、かなりスポーティな走りも可能になったという。エクストレイルにも採用してほしいなぁ…!

160ps仕様のエンジンと7速DCTの組み合わせで、かなりスポーティな走りも可能になったという。エクストレイルにも採用してほしいなぁ…!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.