10月4日、フィアット500Xの限定車「Xtreme(エクストリーム)」が発表された。限定台数は80台。このモデルは10月13日から全国のファット正規ディーラーで販売が開始される。

クールでアクティブなライフスタイルをイメージ

今回登場したフィアット500Xの限定車「エクストリーム」は、トップグレード「クロスプラス」をベースに、専用ボディカラーのシネマブラックやブラック/ダークグレーレザーシート、シルバーの18インチ専用20スポークVデザインアルミホイールなどを装備して、都会的でモダンな雰囲気を演出したモデル。

画像: ボディカラーは特別色のシネマブラック。

ボディカラーは特別色のシネマブラック。

画像: インテリアもブラック系でまとめられている。

インテリアもブラック系でまとめられている。

ベースモデルの「クロスプラス」は、1.4L直4ターボエンジン(最高出力170ps、最大トルク250Nm)と4×4駆動システム、9速ATを組みわせた本格派クロスオーバーSUVモデルであり、もちろんその実力をしっかりと受け継いでいる。

車両価格は3,390,000円。ちなみにカタログモデルの「クロスプラス」は3,43,5,000円となっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.