画像: ケニーロードとケニーさん 熊本の、九州の、そして日本のライダーの聖地になるといいな

ケニーロードとケニーさん 熊本の、九州の、そして日本のライダーの聖地になるといいな

そんなこんなで1週間の2018ケニー・ロバーツ ジャパン・ラリー(=KRJR)が終わりました。台風2連発で大変だったけど、大きな事件も事故もなく、無事アメリカから参加のみんなも帰国。
期間中、何度もルートリードをしてくれた「ボクセルモト」池田さんが送ってくれたデータによると

10/1:192.2km →少人数のみ参加
10/2:176.6km →ケニーさん参戦
10/3:297km →ケニーさんゴルフ でも他メンバーほとんど^^
10/4:209.3km →ほぼフルメンバー
10/5:209.8km →ほぼフルメンバー
10/6:0km →強風のため走行中止
10/7:246.3km →最終日

7日間合計で、なんと1300kmオーバーも走り回った2018KRJR。もちろん、参加日数やその日のルートをショートカットしたりと、これ以上、これ以下の参加者もいたんだけど、毎年おおむねこんな感じ。ちなみに3日に合流して4日から走って、6日に参加のみんなが市内観光している間も走りに行った僕とCB1000Rは、福岡~熊本を往復した分も合わせて1103.6km……。おー、走ったなぁ! CBを返却したホンダドリーム福岡東の中川店長も
「あれ?乗って行かれたの3日夕方ですよね? 3~4日で1000km走ったんですか!」って驚いてくれましたw どーもすいません^^

画像: 走りまくって素晴らしさを実感したCB1000R! 長距離乗って良さがわかるバイク、いいバイクの証明です

走りまくって素晴らしさを実感したCB1000R! 長距離乗って良さがわかるバイク、いいバイクの証明です

立ちごけとか雨のスリップダウンなんてのはあったけれど、大きな事故もなく、あんな雨にヤラれながらも、もんんんんのすごく楽しいツーリン……いや、取材でした(笑)。僕個人としては、ふだんプライベートであんまりツーリングに出なくなってるから、1年間でこの1週間がいかに濃密か(笑)。KRJRでいつもミラクルなワインディングを走っているから、次にKRJRのみんなが関東に来たときにはどっか案内しなきゃ、もっと伊豆とか房総、秩父を走り込むか、なんて考えながらの1週間でした。
このKRJR中に、印象深い出来事もありました。それは、僕が合流した3日夜、地元の皆さんが開いてくれたウェルカムパーティでのひと幕。この日、ケニーさんは走行せず、アメリカからのお友達もほぼ出そろってた、そんなパーティ。
参加者の自己紹介があったり、雑誌「RACERS」編集部の今井さんによる「キミたちが普通に一緒にツーリングしてるケニーとかエディ、ババが、いかに偉大な人なのか」を説明するトークショーwがあったり、もちろん飲めや歌えのパーティの中、ケニーさんが締めのあいさつに立った時でした。

画像: 草千里にて 今曇り、このあと笑っちゃうほどの豪雨を食らいますw

草千里にて 今曇り、このあと笑っちゃうほどの豪雨を食らいますw

「今年もクマモトに来ることができてとてもうれしい」

お、ケニーさん、ちょっと酔っぱらってんなw 聞けばご飯食べる前に飲み始めちゃって、空きっパラに効いてたんだそう。

「オレがこのラリーを始めたのは、オレが大好きなクマモトをみんなに見せてあげたいのと、素晴らしいロケーションのワインディングをみんなで走り回りたいからだ」

これは最初から一貫してること。ケニーさん、行く先々でチャリティに協力してくれていて、募金の顔になってくれているのに、そんなこと全然言わない。親しい人には口が悪いけどw、そういう人なんです、ケニーさん。
このKRJRは2010年から始まっていて、第2回の11年には、春に東日本大震災があって、あらためてチャリティイベントとしてのKRJRがスタート。そして5年後の2016年には、ベースキャンプとしている熊本が大地震に遭ってしまいました。熊本大震災の半年前には、グリーンロード南阿蘇が「ケニーロード」って正式に命名されたばっかりだったのに……。
特に熊本大震災は、ケニーロードのすぐ近くの益城エリアが震源だったこともあって、熊本の東西をつなぐ阿蘇大橋が陥落、そのかわりを果たして熊本の大動脈をつないだひとつのルートがケニーロードだった、って事態も起きてしまいました。

「オレは、今でもオートバイに乗っていることを誇りに思っている。オートバイは素晴らしいぞ。自然を感じられて、いつまでも若々しく過ごすことができるし、こうやって仲間たちと同じ時間を過ごせるんだ」

このへんでジーンと来てしまってました。

「オレたちはファミリーだ。オートバイに乗っているファミリーだ。これからもずっとだぞ」

ガヤガヤしているウェルカムパーティだったけど、僕はひとりで感動してしまって。去年とか一昨年には「オートバイに若い人が乗らないのはオマエのせいだ」なんて言われ(笑)、これはオートバイ雑誌がもっとオートバイの楽しさをアピールできていないからだ、って耳の痛いことだったんですが――。とにかくケニーさんは、いつもオートバイのこと、日本のこと、熊本のことを考えてくれている人なんです。

画像: エディの横のオッサ…いや紳士は、かつてホンダのWGPの現場を統括していた尾熊洋一さん

エディの横のオッサ…いや紳士は、かつてホンダのWGPの現場を統括していた尾熊洋一さん

画像: こちらは富樫ヨーコさん MT-07を「足つかないわよー」って言いながらきれいなライディング♪

こちらは富樫ヨーコさん MT-07を「足つかないわよー」って言いながらきれいなライディング♪

「熊本のKRJRを日本のスタージスにしたい」と約10年前に話してくれたケニーさん。

南阿蘇にARB(=阿蘇ライダーズベース)ができて、阿蘇ケニーズカフェもできた。今年はAMT(=阿蘇モビリティツーリズム)も結成されて、ケニーさんはそのアンバサダーに就任。阿蘇を日本が誇るバイクタウンにしよう、って動きも始まりました。
ケニーさんの思い、すこしずつ前進しています。

帰り際に言われたが言葉、これ。
「来年はKRJRの10回目だ。きっとまた来るんだぞ。来なきゃオマエとは絶交だ」

Yesケニーさん。きっとまた来年もおおじゃまします! また元気で日本に来てね!

画像: めったに写真撮ってもらわないんだけど、最終日に文中にも出てくる今井さんに撮ってもらった!お宝!

めったに写真撮ってもらわないんだけど、最終日に文中にも出てくる今井さんに撮ってもらった!お宝!

画像: 夕食時、ババ・ショバートさんと! カンゲキ!

夕食時、ババ・ショバートさんと! カンゲキ!

画像: エディさんが悪乗りw こんな写真も次号月刊オートバイへ! ちなみにエディさんがまたがってるモニュメントは立ち入りとまたがり許可をいただいてます♪

エディさんが悪乗りw こんな写真も次号月刊オートバイへ! ちなみにエディさんがまたがってるモニュメントは立ち入りとまたがり許可をいただいてます♪

画像: この写真は、現地でチョー献身的にサポートしてくれる幹事で世話役でネゴシエーターで雑用係というw、この人がいないとKRJRは成立しません、の木下淳さん。数少ないKRJR全大会参加!

この写真は、現地でチョー献身的にサポートしてくれる幹事で世話役でネゴシエーターで雑用係というw、この人がいないとKRJRは成立しません、の木下淳さん。数少ないKRJR全大会参加!

<この項おわり>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.