スバルXVの一部改良が発表され、同時にe-BOXER搭載の新グレード「アドバンス」が追加設定された。このモデルは10月19日より発売となる。

新たに設定されたXV Advance

フォレスターに続き、e-BOXER搭載モデルを設定

都会的で洗練されたデザインと高い走破性、世界トップクラスの安全性を備えたクロスオーバーSUVとして人気の高いスバルXVが一部改良されて登場した。今回の変更で注目されるのは、スバル独自の2L水平対向4気筒直噴NAエンジンにハイブリッドシステムを組み合わせた電動化技術e-BOXER搭載「アドバンス」を追加したこと。スムーズで軽快な加速感や高い走破性など、XVの走りをさらに魅力的なものにすると期待される。なお、このモデルには、専用のブルー内装やマルチインフォメーションディスプレイ、専用のラグーンブルーパールのボディカラーも採用されている。

なお、一部改良では、後退時自動ブレーキ、サイドビューモニター、オートビークルホルダーの追加などが行われている。

画像: アドバンスのインテリアにはマットブルーのパネル、ブルーのステッチが施される。専用のマルチインフォメーションディスプレイも装備。

アドバンスのインテリアにはマットブルーのパネル、ブルーのステッチが施される。専用のマルチインフォメーションディスプレイも装備。

XV 車両価格

1.6i EyeSight 4WD 2,138,400円
1.6i-L EyeSight 4WD 2,268,000円
2.0i-L EyeSight 4WD 2,505,600円
2.0i-S EyeSight 4WD 2,700,000円
Advance 4WD 2,829,600円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.