スバルの主力モデル、インプレッサが一部改良されて登場した。このモデルは、11月2日より発売となる。

インプレッサSPORT

さらに運転の快適性を向上して登場

人気モデルであるだけにインプレッサの改良となるとその内容が気になるところだが、今回の改良のポイントは「オートビークルホールド」機能が追加されたこと。これは渋滞や長い慎吾待ちなどブレーキを踏みつけなければならないシーンで、ブレーキペダルから足を離しても車両の停止状態を維持するもの。これによりドライバーの疲労は大きく向上するという。

ユーザーの要望に応えた嬉しい改良だ。また人気の高いSUBARU60周年記念モデル「 1.6i-L EyeSight S-style」は改良後も継続して販売されるという。

画像1: インプレッサG4

インプレッサG4

インプレッサ車両価格

インプレッサSPORT

1.6i-L EyeSight FF 1,944,000円
1.6i-L EyeSight S-style FF 2,106,000円
2.0i-L EyeSight FF 2,181,600円
2.0i-S EyeSight FF 2,397,600円
1.6i-L EyeSight 4WD 2,160,000円
1.6i-L EyeSightS-style 4WD 2,322,000円
2.0i-L EyeSight 4WD 2,397,600円
2.0i-S EyeSight 4WD 2,613,600円

インプレッサG4

1.6i-L EyeSight FF 1,944,000円
1.6i-L EyeSightS-style FF 2,106,000円
2.0i-L EyeSight FF 2,181,600円
2.0i-S EyeSight FF 2,397,600円
1.6i-L EyeSight 4WD 2,160,000円
1.6i-L EyeSightS-style 4WD 2,322,000円
2.0i-L EyeSight 4WD 2,397,600円
2.0i-S EyeSight 4WD 2,613,600円

画像2: インプレッサG4

インプレッサG4

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.