2017年9月に発表され、導入開始記念限定車「ファースト・エディション」が先行発売されていた「アルファロメオ ステルヴィオ」のカタログモデルが正式に発表された。

ラインナップを充実して本格発売開始

ファースト・エディションが上陸を果たし評判が高まっているアルファロメオ ステルヴィオの本格的な販売体制が整った。これまでは限定車の販売にとどまっていたが、正式に3モデルがラインナップされることになった。

画像: 2018年10月1日に正式発表、10月27日から全国のアルファロメオ正規ディーラーで販売を開始されるアルファロメオ ステルヴィオ。

2018年10月1日に正式発表、10月27日から全国のアルファロメオ正規ディーラーで販売を開始されるアルファロメオ ステルヴィオ。

その車種構成は、2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ、2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージ、2.0 TURBO Q4の3モデルで、ファースト・エディションと同様、2L直列4気筒ツインスクロールターボエンジン(最高出力280ps、最大トルク400Nm)を搭載。トランスミッションは8速ATと可変トルク配分機構を備えた4WDシステム「Alfa Romeo Q4」を採用している。

画像: 新開発のジョルジオプラットフォームを採用、俊敏なドライビングSUVとして注目されている。

新開発のジョルジオプラットフォームを採用、俊敏なドライビングSUVとして注目されている。

2.0 TURBO Q4スポーツパッケージは、スポーツレザーシートをはじめ、スポーツレザーステアリング、レザーインストルメントパネル/ドアパネル、アルミニウムパネル、レッド仕上げブレーキキャリパー、19インチ5ホールアルミホイールなどを標準装備。

2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージでは、レザー仕上げのインストルメントパネルやドアパネル、ウッドパネル(ウォールナットまたはグレイオーク)、プレミアムレザーシート、プレミアムレザーステアリング、18インチ10ツインスポークアルミホイールなど、素材や触感、デザインにこだわった内外装アクセサリーを採用するのが特徴となっている。

2.0 TURBO Q4は、ベースモデルながら、バイキセノンヘッドライトやアダプティブクルーズコントロール、車載インフォテインメントシステム「Connectシステム」(8.8インチディスプレイ、音声認識機能付)、パワーテールゲート、18インチアルミホイールなどを備える。2.0 TURBO Q4は受注生産となっている。

画像: 車載インフォテインメントシステム「Connectシステム」(8.8インチディスプレイ、音声認識機能付)を標準装備。

車載インフォテインメントシステム「Connectシステム」(8.8インチディスプレイ、音声認識機能付)を標準装備。

画像: 2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージはプレミアムレザーシート、2.0 TURBO Q4スポーツパッケージはスポーツレザーシートを装備。

2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージはプレミアムレザーシート、2.0 TURBO Q4スポーツパッケージはスポーツレザーシートを装備。

ボディカラーは、新色のモンテカルロブルーを含む全5色が設定されている。

画像: ラゲッジルーム容量は525L(最大1600L)。パワーテールゲートを標準装備。

ラゲッジルーム容量は525L(最大1600L)。パワーテールゲートを標準装備。

車両価格は、
2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ 6,910,000円
2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージ 6,910,000円
2.0 TURBO Q4 6,550,000円

なお、ニュルブルクリンク北コースで量産SUV最速のラップタイムを記録したハイパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」は、2018年内の導入を予定している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.