次世代スポーツCBのミドルクラスを担う
コンセプトモデルを世界初公開!

画像1: 次世代スポーツCBのミドルクラスを担う コンセプトモデルを世界初公開!

インターモトが開催されているのはドイツですが、
同時期にお隣の国・フランスで開催されているパリサロンで、
ホンダが新しい「ネオスポーツカフェ」コンセプトを発表しました。

画像2: 次世代スポーツCBのミドルクラスを担う コンセプトモデルを世界初公開!

CB1000Rを頂点に、250R、125R、海外モデルには150Rと300Rを
ラインアップするこのシリーズ。スポーツネイキッドでありながら、
既存のストリートファイター路線とはあえて一線を画し、素材の
上質感を前面に出した、高い所有感も大きな魅力の一つ。
そのシリーズのイメージを引き継ぐコンセプトモデルとして登場したのが
このモデルでもなのです。

コンセプトなので詳細なスペックはありませんが、排気量はミドルクラスとされ、
欧州では「次期CB650Rのプロトタイプ」ともっぱらの噂となっています。
もしこれがミドルクラスのモデルなら、もともとネオスポーツカフェシリーズの
デザインの発端となったのが、イタリアホンダが手がけたCB600Fベースの
カフェカスタムでしたので、初期のコンセプトがついに現実のものとなるわけです。

画像3: 次世代スポーツCBのミドルクラスを担う コンセプトモデルを世界初公開!

ミドルクラスであることを匂わせる特徴的なパーツが、
この写真で見ることができます。それはエキパイ。
おそらく、このバイクのベースとなるのはCB650Fですが、
4本のエキパイを綺麗に車体右側で揃える、個性的なレイアウトを
このネオスポーツカフェコンセプトも継承しています。

画像4: 次世代スポーツCBのミドルクラスを担う コンセプトモデルを世界初公開!

CB125Rにも通じる、逆スラントデザインのシュラウドは
アルミ仕上げ。テールカウルは125や250とは異なる形状で、
スイングアームマウントのナンバーステーを組み合わせれば、
テールまわりはむしろ1000に近い雰囲気となりそうです。

画像5: 次世代スポーツCBのミドルクラスを担う コンセプトモデルを世界初公開!

ワイドなタンクですが、角張った1000のものとは異なり、
このコンセプトはボリューミーですがボディラインは滑らかになっています。
シート部分の絞り込みを大きく取った、グラマラスなボディーです。
イグニッション周辺はすでに市販車用のものと思しきパーツとなっており、
このコンセプトの市販化が近いことをうかがわせます。

画像6: 次世代スポーツCBのミドルクラスを担う コンセプトモデルを世界初公開!

本誌「月刊オートバイ」12月号では、このネオスポーツカフェコンセプトの
続報もしっかりお届けしますので、ぜひご期待ください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.