2018年10月20日-21日(土-日)、横浜みなとみらい地区に国産・輸入ブランドのSUVが集結するイベント「SUVフェア2018」が開催される。ここでは、このイベントに登場するモデルたちを順次紹介していこう。今回はボルボのコンパクトサイズSUV、「XC40」だ。(Motor Magazine Mook「SUV パーフェクトブック 2018-2019」より抜粋)

コンパクトSUVであっても、ボルボの安全装備は標準装備

XC90から採用された新世代プラットフォーム「SPA」は、60シリーズ以上のモデル使われる。つまりXC40はSPAではなく「CMA(コンパクトモジュラーアーキテクチャー)」が採用されているのだ。

画像: 写真はXC40 T5 AWD Rデザイン ファーストエディション。

写真はXC40 T5 AWD Rデザイン ファーストエディション。

その第一弾として2018年3月に日本へ上陸。最初に導入されたのは写真掲載したファーストエディション(限定車)だが、これはすでに完売している。現在、カタログモデルが続々と入荷中だ。XC40は、完成度が驚くほど高く、CMAの実力の高さがうかがえる。当然、多種の安全装備も標準装備される。これから投入されるボルボのコンパクトモデルにも大いに期待が持てる仕上がりだ。

現行モデルの日本デビューは2018年3月26日。車両価格は389万円〜549万円。

画像: 止まっていても今にも走り出しそうな躍動感あるエクステリアデザイン。世界中で高い評価を獲得している。

止まっていても今にも走り出しそうな躍動感あるエクステリアデザイン。世界中で高い評価を獲得している。

ボルボ XC40の主要諸元

写真はXC40 T5 AWD Rデザイン ファーストエディション。
●全長:4425mm ●全幅:1875mm ●駆動方式:FF/4WD ●JC08モード燃費:12.4〜13.6km/L ●乗車定員:5名 ●搭載エンジン:2L直4ターボ

画像: 新世代ボルボの縦型タッチ式ディスプレイを採用。収納にアイデアが満載されているのもXC40の特徴だ。

新世代ボルボの縦型タッチ式ディスプレイを採用。収納にアイデアが満載されているのもXC40の特徴だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.