インターモト2018 最大の目玉は
40年近い時を経て、再びケルンに現れた

画像: インターモト2018 最大の目玉は 40年近い時を経て、再びケルンに現れた

公開と同時に、世界中がこのニュースに沸き立っています。
スズキがついに公開した、新型カタナ。
1980年のケルンショーでセンセーショナルなデビューを果たし、
「ケルンの衝撃」と呼ばれた初代カタナから40年近い時を経て、
新世代のカタナが、再びケルンの地で産声を上げたのです。

さまざまな写真、情報が駆け巡っているところですが、
まずは現地ショー会場で撮影してきた写真を見ながら、
会場の雰囲気、そして新しいカタナの魅力を
じっくりご覧ください!

きっかけは昨年のEICMAに登場した
コンセプトモデル「カタナ3.0」

画像: きっかけは昨年のEICMAに登場した コンセプトモデル「カタナ3.0」

本誌でも昨年特集しましたが、新型カタナのベースとなったのは
昨年のEICMA(ミラノショー)に登場したコンセプトモデル、
カタナ3.0。イタリアを代表するバイク雑誌「モトチクリスモ」が
プロデュースしたプロジェクトで、ベースマシンはGSX-S1000。
製作はメーカーのプロトタイプ製作などを行うスペシャリスト、
エンジンズ・エンジニアリングが、デザインはフラスコーリ・デザインの
ロドルフォ・フラスコーリ氏が担当。世界にセンセーションを巻き起こしたモデルです。

コンセプトが現実に!
スズキが呼応して急ピッチで開発スタート

画像: コンセプトが現実に! スズキが呼応して急ピッチで開発スタート

この衝撃的なコンセプトは、世界中のライダーだけでなく、
スズキにも大きな衝撃を与えたのです。急遽社内での検討が始まり、
ぜひともカタチにしたい、ということになったのだそうです。
それがEICMAが終了したちょっと後、今年の1月ごろのこと。

モデルにもよりますが、通常であればバイクの開発には年単位での
期間を必要とするもの。急ピッチで開発スタートした新型カタナとはいえ、
実車の完成には時間がかかるところですが、スズキには
「何としてもケルンのインターモト2018に間に合わせる!」
という強い想いがありました。
そう、なぜなら、ケルンという場所は
かつて初代カタナ、GSX1100Sが衝撃のデビューを飾った場所だから。
短期間での開発には並大抵ではない苦労があったはずですが、
スズキはカタナに対する熱い想いで、その困難を突破してみせたのです。

新しさの中に散りばめられた
「伝統」と初代へのリスペクト

画像1: 新しさの中に散りばめられた 「伝統」と初代へのリスペクト
画像2: 新しさの中に散りばめられた 「伝統」と初代へのリスペクト
画像3: 新しさの中に散りばめられた 「伝統」と初代へのリスペクト
画像4: 新しさの中に散りばめられた 「伝統」と初代へのリスペクト
画像5: 新しさの中に散りばめられた 「伝統」と初代へのリスペクト

全体のフォルムはショートテールを採用する、最新の
スポーツネイキッドのものですが、なだらかな曲線美を描くタンクから
低く構えた、鋭いフロントカウルに至るまでのラインは、
初代カタナへのオマージュ。フロントカウル下に備わる黒いフラップには
DRL(デイタイム・ランニング・ライト。通常、日本国内で販売されるモデルには
装備されないことが多い)が追加され機能をプラスしたほか、
タンク上の「SUZUKI」ロゴやタンクのエッジ、サイドカウルのスリット、
そして何より「刀」ロゴのデカールに、開発陣の初代カタナに対する
リスペクトと想い入れを感じます。最新のバイクではありますが、
新型カタナは初代から続く「歴史」を大切にして創られたのです。

デザイナーの独占取材も敢行!
本誌12月号では新型カタナを総力特集!

画像: デザイナーの独占取材も敢行! 本誌12月号では新型カタナを総力特集!

ショー会場のスズキブースには新型カタナのデザイナー、
ロドルフォ・フラスコーリさんも登場しました。
「少年の頃に初代カタナを見て衝撃を受け、デザイナーを目指しました。
それから40年近くが過ぎた今、まさかこうして自分がカタナのデザイナーとして
ステージに立っているなんて想像すらできませんでした。
本当に夢のよう。興奮と感動でいっぱいです」

次号、本誌12月号では、フラスコーリさんの独占インタビューを掲載します。
さらに、初代カタナを手がけた「あの人」にも独占取材を敢行。
総力を挙げた大特集を予定しています。
加えて、こちらのWEBでも、後ほど新型カタナの各部やメカニズムを
じっくりご紹介していきますので、お楽しみに!

主要諸元
* 全長2,125mm×全幅830mm×全高1,110mm
* ホイールベース 1,460mm
* 装備重量 215kg
* エンジン型式 999cm3
水冷4サイクル直列4気筒エンジン
* 最高出力 110kW/10,000rpm
* 最大トルク 108N・m/9,500rpm

画像: 【INTERMOT2018 ケルンショー】新型カタナ その1 youtu.be

【INTERMOT2018 ケルンショー】新型カタナ その1

youtu.be
画像: 【INTERMOT2018 ケルンショー】新型カタナ その2 youtu.be

【INTERMOT2018 ケルンショー】新型カタナ その2

youtu.be
画像: 【INTERMOT2018 ケルンショー】SUZUKI KATANA 新型カタナ その3 youtu.be

【INTERMOT2018 ケルンショー】SUZUKI KATANA 新型カタナ その3

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.