2018年10月20日-21日(土-日)、横浜みなとみらい地区に国産・輸入ブランドのSUVが集結するイベント「SUVフェア2018」が開催される。ここでは、このイベントに登場するモデルたちを順次紹介していこう。今回はフォルクスワーゲンのミドルクラスSUV、「ティグアン」だ。(Motor Magazine Mook「SUV パーフェクトブック 2018-2019」より抜粋)

FFはガソリンエンジン、4WDはディーゼルエンジンという2本柱

2017年1月にフルモデルチェンジされ第2世代として登場したミドルクラスSUV。ボディサイズをやや拡大して、ゆとりのある居住性を実現。これは軽量化に貢献するMQBプラットフォームを採用することで可能となった。615Lのラゲッジルームは後席を倒すことで最大1655Lに拡大する。

画像: 写真はティグアン TDI 4モーション Rライン。

写真はティグアン TDI 4モーション Rライン。

また先進運転支援システムやモバイルオンラインサービスなどが充実していることも話題となった。デビュー時は1.4L直4ガソリンターボ+FF+6速DCTのみの設定だったが、2018年8月についに2L直4ディーゼルターボ+4WD+7速DCTの「TDI 4MOTION」が登場し話題となっている。

現行モデルの日本デビューは2017年1月17日。車両価格は363万6000円〜524万円。

画像: ボディサイズはもはやミドルクラスと言えるもの。堂々とした存在感があり、室内空間にもゆとりが感じられる。

ボディサイズはもはやミドルクラスと言えるもの。堂々とした存在感があり、室内空間にもゆとりが感じられる。

フォルクスワーゲン ティグアンの主要諸元

●全長:4500mm ●全幅:1840〜1860mm ●駆動方式:FF/4WD ●JC08モード燃費:16.3〜17.2km/L ●乗車定員:5名 ●搭載エンジン:1.4L直4ターボ、2L直4ディーゼルターボ

画像: 端正なデザインで人気のティグアンに、ディーゼルエンジンと4WDの組み合わせが設定されたのはニュース。

端正なデザインで人気のティグアンに、ディーゼルエンジンと4WDの組み合わせが設定されたのはニュース。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.