先週のポルトガルラウンドで、SBK(世界スーパーバイク選手権)は再開しましたが、サマーブレイクの間もライダーたちはテストなどで忙しい日々を送っています。こちらはSBK4連覇へ邁進するカワサキワークスのジョナサン・レイのライディングによる、ポルティマオン・サーキットでのZX-10RRのテスト走行動画になります。

超絶スムーズな走りを、動画から学びましょう!

今年の鈴鹿8耐での活躍、そして今年もSBKランキングを独走するレイですが、彼の速さの秘密は卓越したライディング技術と、アジャスト能力によるものなのでしょう。今シーズンのSBKでは、成績に応じた回転数制限という性能調整が施行されてますが、回転数が抑えられているカワサキZX-10RRでもレイの強さは相変わらず・・・僚友のトム・サイクスが今年型のマシンの乗りこなしに苦労しているのを見ると、レイの適応能力の高さがわかります。

来年以降2年、カワサキワークス=KRTとの契約をレイは更新しています。SBK絶対王者のレイがKRTに残留することはカワサキファンには朗報でしょうが、ファンの中にはMotoGPでのレイの走りを見てみたい・・・という方も少なくないでしょうね?

ともあれ、ニンジャ・マエストロであるレイがどのようにZX-10RRを操縦するのか、動画をとおして勉強してみてください!

画像: Portimao - Jonathan Rea - KRT Ninja ZX-10RR - Onboard youtu.be

Portimao - Jonathan Rea - KRT Ninja ZX-10RR - Onboard

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.