やっと涼しくなってきた9月、のんびりお散歩に出かけたくなりますね。そんな今回の『ロレンス編集部の「あれがしたいこれがほしい」』連載2018年9月Saori編は、首都圏新スポットをご紹介。

あなたは誰と出かけたい?

世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンの調査によると、男女ともに同性の友だち同士での旅行が人気だそう。理由は、気を使わない、会話が弾む、など気軽さを求める声が多いんですって。

5年以内に同性の友だち同士で旅行に行ったことがある、 20代~50代の男女400名を対象に「男子旅・女子旅(同性の友だち同士での旅行)に関する調査」を実施した結果です(2018年9月)

食べ物の好みや行きたい場所など、異性と過ごす場合は思い通りに事が運ばないこともあるのでしょうか? まあ、大好きな人とイチャつきたいときもあれば友達とガハガハ笑いたいときもあるし、一人で密かな楽しみを満喫したいときだってありますよね。人間だもの。

そんなわけで今回は、一緒に行く人別でオススメスポットをご紹介。

友達と行こう!豊洲市場で食い倒れ

ついに10月11日にオープンを迎える豊洲市場! 敷地面積は築地市場の約1.7倍の広さとなる約40.7ヘクタールとなる新市場は、鳥や害虫の侵入を防ぎ、年間を通して適正な温度を保つため、都内の市場として初の閉鎖型と呼ばれる建物となります。

建物に接した着車スペースや専用の搬出入口があり、荷降ろしから荷さばき、仲卸の売り場や出荷まで全て屋内で完結するため、鮮度や衛生管理の向上が期待されています。また、これまでなかった見学者向け通路も設置され、国内外の観光客から人気の高い競りを見学することができます。

www.shijou.metro.tokyo.jp

場所は、ゆりかもめ市場前駅すぐ。東京メトロ有楽町線豊洲駅からも徒歩圏内です。気がおける友達であればいくら食べまくってもお互い問題なし。おなかパンパン対策としてウエストゴムのボトムスで挑みましょう。

家族で行こう!一年中OKのイチゴ狩り

2018年4月末にオープンしたばかりの「TOKYO STRAWBERRY PARK(東京ストロベリーパーク)」は、都心からほど近い横浜市で365日いつでもイチゴ狩りができる初めての施設です。

tokyo-strawberry-park.jp

イチゴ狩りのハウスだけではなく、目の前で作られるお菓子やクッキングスタジオの調理器具も、施設のすべてが電力でまかなわれており、オール電化ならではの細かい温度管理のもと、一粒一粒大切に育てたイチゴやここでしか買えないお土産が盛りだくさんです。

画像2: tokyo-strawberry-park.jp
tokyo-strawberry-park.jp

大人の場合、1〜6月は2,000円、7〜12月は2,980円でいちご狩り放題の食べ放題です。完全予約制なので要注意。公式サイトから予約しましょう。

画像: JR鶴見駅からバスでもいけます。大黒ふ頭経由でドライブがてらというのも良いのでは。 tokyo-strawberry-park.jp

JR鶴見駅からバスでもいけます。大黒ふ頭経由でドライブがてらというのも良いのでは。

tokyo-strawberry-park.jp

一人で行こう!泊まれる本屋

新宿・池袋・赤坂・京都・福岡と全国に5店舗を展開する「BOOK AND BED TOKYO」は、幅広いジャンルの本がぎっしり置いてあるホステル。1泊5,300円から利用できるこちらの施設、コンセプトがすてきです。

「映画を観てたら寝ちゃった」とか「友達とLINEしてたら寝ちゃった」とか、とにかく「好きなことをしてたら、うっかり寝ちゃった」って最高の「寝る瞬間」の体験じゃないですか?そんな「寝る瞬間」に至福の体験を用意してくれるホステルを、本をテーマに自分たちで作る事にしました。

画像: bookandbedtokyo.com
bookandbedtokyo.com

オシャレ仕様のツタヤ的なところでゴロゴロし放題で、最終的に寝落ちもOKみたいなイメージではないでしょうか。最高です。買うには躊躇してしまうけどじっくり見つめたい本と出会う時や、いろんな本にパラパラと触れ合いたい時もあります。ここなら、そんなちょっぴり贅沢でとても有意義ななひとときを過ごすことができそうです。

カップルで行こう!東京でいちばん美しいグランピング

2018年3月、奥多摩に誕生した「Circus Outdoor TOKYO」は近年話題のグランピング施設。通常のキャンプよりも贅沢でおしゃれなアウトドアフィールドで過ごすことができるこちらはもちろん手ぶらでOK。お食事はシェフによる特別なフルコース料理を堪能することができます。

画像: circusoutdoor.com
circusoutdoor.com

さらに、音響設備はデンマークのオーディオメーカーBang & Olufsenが調律を手がけていたり、アメニティがSABONだったり、こまかなところも抜かりありません。

画像: "映え"な予感しかしないミール circusoutdoor.com

"映え"な予感しかしないミール

circusoutdoor.com

週末(特に土曜日!)は特に人気のため、お早めのご予約をおすすめします。野外でイベントを企画するなら秋がイチバン。早速今夜計画してみては。

みんなの欲しいものしたいことも見てね

This article is a sponsored article by
''.