EOS Rの発表に湧いておりますが、実は同時に3本の新レンズも発表になりました。んじゃ、サラッといきますね。サラッと。

EF-M 32mmF1.4 STM 7万2000円(税別)

画像: Lレンズと同等の描写力とか言い切って良いのでしょうか? いいんです。

Lレンズと同等の描写力とか言い切って良いのでしょうか? いいんです。

Mシリーズの大口径単焦点ですね。当初、キヤノン的にはEF-Mってのはファミリー&エントリー層にアピールしたかったハズ。そうじゃないと一眼レフの“EOS Kiss”とかの立ち位置が微妙になってきますからね。
でも、ここにきてこういった「漢レンズ」を出してくるってことは、やっぱり「大きなシフトが来ている」ってことなのでしょうか? ちなみにメーカーが公式に「描写力はEF35mmF1.4L ⅡUSMと差がない」と言い切っています。EF-SどころかEFレンズ、さらにLレンズすらも「お疲れさま会」なのでしょうか? 9月21日発売予定。

EF400mmF2.8L IS Ⅲ USM 168万円(税別) / 
EF600mm4L IS Ⅲ USM 182万円(税別)

画像: ヨンニッパ。スポーツ写真家・水谷たかひと氏曰く「すべての腰痛持ちのカメラマンに朗報です!」

ヨンニッパ。スポーツ写真家・水谷たかひと氏曰く「すべての腰痛持ちのカメラマンに朗報です!」

画像: 600mm。3050gなり。

600mm。3050gなり。

画像: キヤノンのニュースリリースより。

キヤノンのニュースリリースより。

といっているソバからEF超望遠2本をリニューアル。なんといっても大幅な軽量化と5段分の手ブレ補正効果がポイントです。軽量化の理由は光学系の見直しで、第2レンズ以降を後方に集中配置したとのこと。ソニーのヨンニッパといい、最近このテが流行っているのでしょうか? ともあれ、フジの200mmF2、ニコンの500mmF5.6も混ぜてあげたら「総額1000万円オーバー」の特集企画もできますね。
ちなみにこの2本、受注生産ではありません! さすがは天下のキヤノンですな。ともに12月下旬の発売を予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.