タムロンはワイド端15mmからの全域F2.8通しのワイドズーム、タムロンSP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A041)を発表した。発売はニコン用が2018年9月21日、キヤノン用が2018年10月12日。価格は16万円(税別)。

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A041)は、大口径で手ブレ補正機構を搭載した、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2、SP 70-200mm F/2.8 G2と並ぶ次世代のG2(Generation 2)モデルのフラッグシップレンズだ。
定評あるSP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)の光学系を継承し、諸収差を抑制。新たに開発したAX(Anti-reflection eXpand)コーティングを採用、ゴーストやフレアの発生を徹底的に排除しているという。
またデュアルMPUを搭載し、AF制御アルゴリズムを刷新することで、AF速度と精度の向上と手ブレ補正の大幅な強化を実現している。手ブレ補正機構のVCはCIPA準拠で約4.5段分の補正効果を達成している。レンズ鏡筒の可動部、接合部の各所には防滴用シーリング材を施し、簡易防滴構造を採用。キヤノン用にはレンズ後部にシートフィルターを差し込むことができるフィルターホルダーを装備している。さらに別売アクセサリーのTAMRON TAP-in Consoleに対応し、レンズのファームウェアのアップデートやピント位置、フルタイムマニュアルの設定、手ブレ補正モードの選択などのカスタマイズも可能。

画像: SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A041)

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A041)

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A041)の主な仕様

■レンズ構成:13群18枚
■焦点距離:15-30mm
■最小絞り:F22
■絞り羽根:9枚(円形絞り)
■最短撮影距離:28cm(ズーム全域)
■最大撮影倍率:0.2倍(30mm時)
■大きさ:φ98.4×142.5mm
■重さ:1100g
※大きさ・重さはニコン仕様

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.