オートポリスの全日本RRで鮮烈デビュー!
デモランライダーはなんとジョナサン・レイ!

画像: オートポリスの全日本RRで鮮烈デビュー! デモランライダーはなんとジョナサン・レイ!

今日9月2日、オートポリスで開催されている
2018 MFJ 全日本ロードレース選手権第7戦で
2019年モデルのNinja ZX-10RRが世界初公開されました!

会場に展示されただけでなく、レースの合間には
なんと実車のデモランも行われました。
ライダーを務めたのは、なんと、あのジョナサン・レイ選手です!

エンジンの改良でパワーは204PS!
ライバルの先を行く「王者の進化」

画像: エンジンの改良でパワーは204PS! ライバルの先を行く「王者の進化」

今回の10Rの改良のメインはエンジン。
新開発のフィンガーフォロワーロッカーアームを採用した
エンジンは、レース対応モデルの「RR」で204PS、
スタンダードでも203PSを達成。クラス最強のパフォーマンスを誇ります。
特に、RRはレーシングカーや航空宇宙関連のエンジン部品を製造する
バンクル社のチタンコンロッドを採用するなど、かなりの進化を遂げています。

シリーズ構成は3グレード。
2019年春には国内仕様も登場予定!

画像: シリーズ構成は3グレード。 2019年春には国内仕様も登場予定!

今回デモランしたZX-10RRは世界限定500台のスペシャルモデル。
そのほかにも、電子制御サスを採用したZX-10R SE、スタンダードの
ZX-10Rと、全部で3グレードが用意されます。
今回からアップ、ダウンに対応したクイックシフター「KQS」が
全車に標準装備されるほか、先に発表されたNinja H2の新型に採用された
浅いキズなら自己修復する機能を備えた「ハイリーデュラブルペイント」
がSEに採用されるなど、パフォーマンスだけでなく、上質さも高めています。

そして、この2019年モデルから、ZX-10Rシリーズは3グレード全てに
国内仕様が登場する予定となっています。発売はいずれも
2019年春以降の予定だそうです。戦闘力の大幅アップで
どんな走りに進化したのか、乗れる日が楽しみですね!
本誌、およびWEBオートバイではこの新型ZX-10RRの
一番乗り試乗レポートを速報でお届けしますので、そちらもお楽しみに!
(写真:赤松孝、後藤純、中村浩史)

SPECIFICATIONS(ZX-10RR)
全長×全幅×全高 2085×740×1145㎜
ホイールベース 1440㎜
最低地上高 145㎜
シート高 835㎜
車両重量 206㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 998㏄
ボア×ストローク 76×55㎜
圧縮比 13.0
最高出力 204PS/13500rpm
最大トルク 11.7kg-m/11200rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 17L
キャスター角/トレール 25度/107㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ330㎜ダブルディスク・φ220㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・190/55ZR17

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.