群馬の高崎の北、渋川・伊香保を抜けた先にあるのがこの赤城高原サービスエリアだ。ちょうど群馬県の中央に位置する。2017年末にレストラン区画/2018年春にはショップ区画をリニューアルを済ませたばかりのピカピカなサービスエリアで、地元が長年愛してきたB級グルメを、いただきます。

夏バテした身体にホルモンの栄養を

今年の夏は暑かった…。なんだか、毎年のように暑さが記録更新しているように感じるのは、気のせいでしょうか。そんな夏に消耗した身体に必要なのは栄養。ビタミンやミネラル豊富で、しかも低カロリー。そんな料理がホルモンです!

この春にリニューアルした赤城高原SA(上り)のイチ押しメニューが、「赤城のホルモン屋 丸福塩ホルモン焼き定食」(880円)です。“赤城のホルモン屋”とあるように、地元のお店「丸福」の“白モツ”を使っています。「丸福ホルモン」は、地元の「渋川B級グルメ」のコンテストにてチャンピオンに輝いた逸品。地元では昭和48年(1973年)から愛されているという、まさにソウルフードそのもの。

 地元の「丸福」のお店に行けば、同じものが食べられますが、手軽にいただきたいならSAがおすすめというわけ。

画像: 「赤城のホルモン屋 丸福塩ホルモン焼き定食」(880円)

「赤城のホルモン屋 丸福塩ホルモン焼き定食」(880円)

ホカホカのできたて料理を前にして最初に思ったのは“けっこう量がある!”ということ。ホルモンの下には、ニラやキャベツの野菜炒めもたっぷりあります。これはヘルシーですね。

香ばしさに鼻をくすぐられながら、ホルモンを口に放り込みます。すごく柔らかいわけではなく、かといって噛み切れないわけでもない〜という絶妙な噛み応え。噛むほどに、口の中に美味しさが広がります。たくさん噛むので満足感もひとしおですね。

味に変化をつけるために「うま塩ペッパー」と「ニンニク入り七味」の調味料が用意されています。「うま塩ペッパー」は、香ばしさがアップしますし、「ニンニク入り七味」は、コクが出ますね。どんどん楽しくなってきました。また、サイドメニューの「てのしこんにゃく」は酢味噌がついていて、とってもフルーティ。そういえば群馬は全国のこんにゃくの9割を生産する地。それは美味しくて当然でしょう。

画像: これをかければ、コクが増します。

これをかければ、コクが増します。

最初は“量が多いかも”と思いましたが、終わってみれば、楽勝で完食。とても美味しくいただけました。

ちなみに、ホルモン料理は塩味だけでなく、しょう油バージョンも用意されています。さっぱりいきたいなら塩、コクを楽しみたいならしょう油がおすすめです。

赤城高原SA(上り)

至 東京 赤城IC ← 赤城高原SA(上り) ← 昭和IC 至 新潟

群馬の高崎の北、渋川・伊香保を抜けた先にあるのが赤城高原SA。ちょうど群馬県の中央に位置する。昨年の暮れにレストラン区画、今年の春にショップ区画を新しくして、フルリニューアルを済ませたばかり。地元の食材を使った料理だけでなく、地元資本のコーヒー店や土産物などを数多く用意している。

画像: 本格ピザ釜を備えたレストランもリニューアルした赤城高原SA(上り)の自慢のひとつ。「山賊ピザ」(1300円)などが人気を集める。

本格ピザ釜を備えたレストランもリニューアルした赤城高原SA(上り)の自慢のひとつ。「山賊ピザ」(1300円)などが人気を集める。

画像: 焙煎にこだわる高崎発祥のコーヒーと陶器のチェーンが大和屋。赤城高原(上り)SA限定の「赤城高原ぶれんど」(300円)は香りの高さが特徴。

焙煎にこだわる高崎発祥のコーヒーと陶器のチェーンが大和屋。赤城高原(上り)SA限定の「赤城高原ぶれんど」(300円)は香りの高さが特徴。

画像: 赤城高原SA(上り):0278-24-7321(代表) 営業時間:24時間 年中無休

赤城高原SA(上り):0278-24-7321(代表) 営業時間:24時間 年中無休

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.