DS3やDS4などはシトロエンで誕生したクルマであり、2018年7月17日にデビューしたDS7クロスバックがDSとしての純粋なブランニューモデルとなる。“初”だけあって、搭載される技術や高級感は一線を画す仕上がりだ。

運転支援技術を満載。優雅なSUVはいかが

「うわぁキラキラじゃ〜ん!」な、デコラティブな感じがいかにもDS。まるで車内にダイヤモンドが散りばめられているかのように輝いているんです。

このダイヤモンドの形のモチーフは、ルーブル美術館の中庭にあるガラス張りのピラミッド。そしてインテリアパッケージの名称にオペラやリヴォリ、バスティーユと、パリを代表する名称が与えられて全身でパリをアピール。その名に恥じない都会派のクロスオーバーSUVに仕上げられておりました。

画像: DS7クロスバックのシフトまわり。3角形をモチーフとした模様が至るところに。

DS7クロスバックのシフトまわり。3角形をモチーフとした模様が至るところに。

ちなみにフランスの交通事情って、信号が青になるとパッと飛び出すように発進する、あるいはキュッ!と停止するといった感じで、あらゆる動作が素早いのが特徴なんです。さらに、石畳を敷かれた道路はデコボコで、狭く曲がりくねったところも多く、カントリーロードは丘陵地帯の傾斜面が続くんです。

画像: 今回の試乗車は、DS7 クロスバック グランドシック(OPERA)。2L 4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。

今回の試乗車は、DS7 クロスバック グランドシック(OPERA)。2L 4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。

こういった環境に順応させるためか、エンジンはパワーアップを施され、トランスミッションはダイレクトに反応してくれるDS初の8速ATを採用。さらに、25m先の路面状況をフロントカメラで監視して、4輪のショックアブソーバの強さを連続可変させるサスペンションを搭載しているので、路面を問わずに乗り心地もイイ。

なにより、エンジンを始動させるとセンターパネル上部にフランスの高級腕時計メーカー、B.R.M社製のアナログ時計が顔を出すという演出が最高! 特別感とワクワク感を存分に盛り上げてくれます。

画像: 竹岡圭氏お気に入りのアナログ時計はフランスの高級腕時計メーカー、B.R.M社製。

竹岡圭氏お気に入りのアナログ時計はフランスの高級腕時計メーカー、B.R.M社製。

さらに感動したのは、小回り性の高さ。ゆったりとした室内空間を実現するため全幅を約1.9m確保していますが、運転していると幅の広さをいい意味で感じさせないんです。実はこれがボディサイズの妙で、全長を短めに設定するというディメンションを採用することで、取り回しがいいんですよ。

ほかにも、これまで強く謳ってこなかった先進運転支援システムをフルに搭載するなど、百花繚乱のこのカテゴリーの中で十分に戦える内容に仕上がっていました。優雅な時間が流れるクロスオーバーSUVが欲しいひとには打ってつけです。

画像: ボディサイズでは想像できないほど小回りのきくDS7クロスバック。

ボディサイズでは想像できないほど小回りのきくDS7クロスバック。

DS DS7 クロスバック Grand Chic主要諸元

●全長×全幅×全高:4590×1895×1635mm ●ホイールベース:2730mm ●重量:1700kg ●エンジン型式・種類・排気量:直4DOHCディーゼルターボ・1997cc ●最高出力:130kW[177ps]/3750rpm ●最大トルク:400Nm[40.8kgm]/2000rpm ●JC08モード燃費:16.4km/ℓ ●燃料・タンク容量:軽油・55ℓ ●トランスミッション:8速AT ●タイヤサイズ:235/55R18 ●価格:562万円

画像: DS7クロスバックについては、ホリデーオート10月号でも紹介しています。

DS7クロスバックについては、ホリデーオート10月号でも紹介しています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.