精悍で走りも爽快な守備範囲の広い1台

ハスクバーナと聞けばモトクロッサーやエンデューロモデルを思い浮かべる人が多いと思うが、スヴァルトピレンはストリートバイクとして、シンプルかつ個性的に仕上げられた新コンセプトのモデルだ。

画像: 最高出力:42PS/9000rpm 最大トルク:3.8㎏-m/6750rpm 価格:77万7000円

最高出力:42PS/9000rpm
最大トルク:3.8㎏-m/6750rpm
価格:77万7000円

エンジンやフレーム、サスペンションといった基本構成はカフェレーサーのヴィットピレンと同じ。大きく異なるのはブリッジ付きのアップハンドルと、ブロックパターンタイヤの採用と、ガソリンタンク上にキャリアを装備していること。ヴィットピレンがカフェレーサーとするなら、スヴァルトピレンはスクランブラーといったキャラクターだ。

市街地から高速道路、峠道までヴィットピレンと交互に試乗したが、乗り味は想像以上に異なる。スヴァルトピレンはハンドルが高く、上体は軽い前傾。上半身の重さをハンドルで支えずに済むので、余分な力が入ってオートバイ本来のハンドリングを妨げることがなく、車体の中心に頭が位置するため、加減速やコーナリング時の前後サスペンションの動きが判りやすい。

画像1: 精悍で走りも爽快な守備範囲の広い1台

BYBREのブレーキシステムも日本車よりも強力かつコントローラブル。積極的な操作にしっかり応えてくれる車体に仕上がっている。ただ、ブロックタイヤということもあり、ストリートユースメインなら通常のスポーツタイヤを装着した方が扱いやすく、長時間走行も快適になる。
 DOHCシングルのエンジンは6000回転から活気づき、1万1000回転の手前でリミッターが作動するまで軽やかに回る。このパワーバンド内でのスロットルレスポンスは実に爽快で、エンジンブレーキの効きも自然。連続したコーナーをスロットルワークだけでクリアするのが楽しい。歯切れのいい排気音と併せて、オートバイを操る高揚感にどっぷりと浸れることが魅力だ。
 何よりポジションが楽なのでストリートバイクとしても快適だし、フットワークの良さで通勤通学の足にもいい。外装デザイン上の制約で積載性は最小限だが、タンクキャリアとシートバッグを活用すれば、1〜2泊のツーリングなら充分に対応できそうだ。
 充分なストローク量の前後サスペンションと衝撃吸収性の高いスポークホイールで乗り心地も良く、スリッパークラッチやABS装備でビギナーにも安心。個性的なルックスから想像するよりもユーザーフレンドリーで守備範囲が広い仕上がりだ。

画像2: 精悍で走りも爽快な守備範囲の広い1台

SPECIFICATIONS
全長×全幅×全高 NA
ホイールベース 1335㎜
シート高 835㎜
車両重量 157㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量 373㏄
ボア×ストローク/圧縮比 89×60㎜/12.6
最高出力 42PS/9000rpm
最大トルク 3.8㎏-m/6750rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 約9.5L
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ320㎜ディスク・φ230㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 110/70R17・150/60R17

DETAIL

画像: ヘッドライトやウインカーはヴィットピレンと同様のオールLEDタイプを装備。ヘッドライトは上がロー、下がハイビームだ。

ヘッドライトやウインカーはヴィットピレンと同様のオールLEDタイプを装備。ヘッドライトは上がロー、下がハイビームだ。

画像: エンジンはヴィットピレン同様の373㏄DOHCシングル。パワースペックも42PSで同様だ。ヴィットピレン同様、伸びやかな吹け上がりとパンチ力が光る。

エンジンはヴィットピレン同様の373㏄DOHCシングル。パワースペックも42PSで同様だ。ヴィットピレン同様、伸びやかな吹け上がりとパンチ力が光る。

画像: タンク上にはユニークな形状のキャリアをマウント。スヴァルトピレンの個性を引き立たせると同時に、積載性を高めて実用性も向上させている。

タンク上にはユニークな形状のキャリアをマウント。スヴァルトピレンの個性を引き立たせると同時に、積載性を高めて実用性も向上させている。

画像: WP製倒立フォーク、320㎜径ディスク、BYBRE製ラジアルマウントキャリパーは共通だが、ピレリ・スコーピオンの装着で印象はワイルドに。

WP製倒立フォーク、320㎜径ディスク、BYBRE製ラジアルマウントキャリパーは共通だが、ピレリ・スコーピオンの装着で印象はワイルドに。

画像: がっしりしたリアフェンダー、スイングアームもヴィットピレンと共通のパーツ。前後スポークホイールはシルバー仕上げとなっている。

がっしりしたリアフェンダー、スイングアームもヴィットピレンと共通のパーツ。前後スポークホイールはシルバー仕上げとなっている。

画像: 円形レイアウトのデジタルメーターは燃費計やサイドスタンド警告などを表示。左右のスイッチボックスは透過光式を採用している。

円形レイアウトのデジタルメーターは燃費計やサイドスタンド警告などを表示。左右のスイッチボックスは透過光式を採用している。

RIDING POSITION(身長:176㎝・体重:62㎏)

835㎜というシート高はヴィットピレンと同じだが、上体が起きて腰が前に出るので足着き性は良好。着座位置が高く、見通しがいいのも特徴だ。段差の少ないシート形状と掴まりやすいグラブバーでタンデム適性も高い。

画像1: RIDING POSITION(身長:176㎝・体重:62㎏)
画像2: RIDING POSITION(身長:176㎝・体重:62㎏)

PHOTO:森 浩輔、赤松 孝

ハスクバーナ 公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.