個性抜群のスタイルと爽快な走りが光る

スウェーデン語で「白い矢」を意味するヴィットピレン。ハスクバーナ社が1955年に発売し、そのシンプルなパッケージングと運動性能が高く評価された「シルバーピレン」を現代風に再現したストリートスポーツとして世界中で注目されている1台だ。

画像: 最高出力:42PS/9000rpm 最大トルク:3.8㎏-m/6750rpm 価格:77万7000円

最高出力:42PS/9000rpm
最大トルク:3.8㎏-m/6750rpm
価格:77万7000円

今回試乗したのは排気量375㏄のヴィットピレン401。日本国内では普通二輪免許で乗れる、流行のカフェレーサースタイルのモデル。車体から離れて景色と一緒に眺めても、近寄って様々な角度から観察しても実に個性的で、日本車はもちろん、ヨーロッパ車の中にあっても強烈な存在感を漂わせる。独特のデザインでスケール感が掴みにくいが、実際のサイズは250㏄ロードスポーツ車程度。車重も155㎏なので軽々と取り回せる。シート高は835㎜とリッタークラスのバイク並み。このクラスのモデルにしては着座位置が高いので慣れは必要になるが、コンパクトで軽い車体のおかげで、乗っていて不安に思うようなことはなかった。

画像: ミラノショーで発表されたプロトタイプをそのまま再現したフォルムは、クラシカルなイメージと斬新さ、上質さが同居する個性的なもの。

ミラノショーで発表されたプロトタイプをそのまま再現したフォルムは、クラシカルなイメージと斬新さ、上質さが同居する個性的なもの。

着座位置の高さと低くセットされたセパレートハンドルで前傾度は深いが、ハンドルの絞り角と垂れ角が少ないので入力しやすく、腹筋と背筋を使ってハンドルに掛かる体重を減らしてやればヒラヒラと舞うように切り返せるし、ハンドルからフロントタイヤのグリップ状態がはっきり伝わってくるのでタイヤの能力を安心して引き出せる。

長いスイングアームを含めたリア回りの剛性は若干弱めの設定で、適度なしなりによってリアタイヤのトラクションを感じやすく、旋回性も良好。腰を引いて頭を下げ、スロットルオンでの二次旋回を意識すれば、まさに人車一体のコーナリングを楽しめる。ショートストローク設定の単気筒エンジンは低回転で粘るタイプではなく、6000〜1万回転で弾けるようなパンチ力が魅力。1速ならスロットルワークだけでフロントが高々と浮き上がる力強さを備えている。反面、6速・3500回転以下ではギクシャクするが、60㎞/hを超えると振動が減り、高速道路クルージングも苦にならない。

誰もが振り返るスタイリングがヴィットピレンの大きな魅力なのは間違いないが、洒落たストリートコミューターというだけでは勿体ない。ミニサーキットやワインディングで爽快に走りを楽しんだ後、コーヒーでも飲みながら愛車を眺めて悦に入る、といった付き合い方も似合いそうだ。

画像: 個性抜群のスタイルと爽快な走りが光る

SPECIFICATIONS
全長×全幅×全高 NA
ホイールベース 1335㎜
シート高 835㎜
車両重量 155kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量 373㏄
ボア×ストローク/圧縮比 89×60㎜/12.6
最高出力 42PS/9000rpm
最大トルク 3.8㎏-m/6750rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 約9.5L
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ320㎜ディスク・φ230㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 110/70R17・150/60R17

DETAIL

画像: 上下2段のLEDヘッドライトと、それを取り囲むように配置されたLEDポジションランプが印象的なヘッドライト。ハンドルはフラットな配置のセパレート。

上下2段のLEDヘッドライトと、それを取り囲むように配置されたLEDポジションランプが印象的なヘッドライト。ハンドルはフラットな配置のセパレート。

画像: 42PSを発揮する373㏄DOHCシングルは、グループ企業であるKTMの390 DUKEのものがベース。伸びやかで爽快な高回転域のパンチ力が魅力。

42PSを発揮する373㏄DOHCシングルは、グループ企業であるKTMの390 DUKEのものがベース。伸びやかで爽快な高回転域のパンチ力が魅力。

画像: コンパクトなオーバルタイプのサイレンサーにはハスクバーナのロゴをあしらい、スポーティさと上質さを両立。

コンパクトなオーバルタイプのサイレンサーにはハスクバーナのロゴをあしらい、スポーティさと上質さを両立。

画像: WP製の倒立フォークにブレンボのグループ企業であるBYBRE製ラジアルマウントキャリパー、320㎜径のブレーキディスクと、足回りは非常に豪華。

WP製の倒立フォークにブレンボのグループ企業であるBYBRE製ラジアルマウントキャリパー、320㎜径のブレーキディスクと、足回りは非常に豪華。

画像: ブラウンのアノダイズド仕上げを施したスポークホイールのリムにはイエローのリムステッカーがワンポイントで入る。タイヤはメッツラーのラジアル。

ブラウンのアノダイズド仕上げを施したスポークホイールのリムにはイエローのリムステッカーがワンポイントで入る。タイヤはメッツラーのラジアル。

画像: ユニークな円形レイアウトのメーターはオール液晶デジタル。平均燃費やタイマー、サイドスタンド警告など、表示機能も多種多彩。

ユニークな円形レイアウトのメーターはオール液晶デジタル。平均燃費やタイマー、サイドスタンド警告など、表示機能も多種多彩。

画像: すっきり切り落としたかのようなショートテールが印象的。シート表皮は滑りにくいものを採用、法規に合わせ、日本仕様にはタンデム用のグラブバーが備わる。

すっきり切り落としたかのようなショートテールが印象的。シート表皮は滑りにくいものを採用、法規に合わせ、日本仕様にはタンデム用のグラブバーが備わる。

RIDING POSITION(身長:176㎝・体重:62㎏)

低く手前側にセットされたハンドルによってフロントフォークの延長線上よりも前に頭が位置する独特のポジション。シートが高いので足着き性は良くないが、車重が軽いので不安はない。

画像1: RIDING POSITION(身長:176㎝・体重:62㎏)
画像2: RIDING POSITION(身長:176㎝・体重:62㎏)

PHOTO:森 浩輔、赤松 孝

ハスクバーナ 公式サイト

 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.