今やトム・クルーズの代名詞ともなった、スタントなしの超人アクション。スーパースター、トムは「ミッション:インポッシブル」シリーズで一体どんな不可能アクションを見せてきたのか!? 危険度&難易度からトップ10を選出。写真を見るだけでもビビります。

5位:足場なし! 崖っぷちぶら下がり(「M:I-2」)

難易度★★★★
衝撃度★★★★
危険度★★★★★

画像3: 難易度★★★★ 衝撃度★★★★ 危険度★★★★★

2作目のイーサン初登場シーンはアメリカ、デッドホースポイント州立公園でのロッククライミング。高さ30メートル以上の断崖絶壁に、大スターが腕だけでぶら下がるなど、普通であればスタジオが許さない。それでもトムはプロデューサー権限で強行。アクションのマエストロ、ジョン・ウー監督もヒヤヒヤしながら見守るしかなかった!

4位:間違えたら大事故! 爆撃アクション(「M:i:Ⅲ」)

難易度★★★★★
衝撃度★★★★
危険度★★★★★

画像1: 難易度★★★★★ 衝撃度★★★★ 危険度★★★★★

3作目。武器商人デイヴィアンを移送中、橋の上でデイヴィアンの軍の爆撃を受ける場面は複雑なシークエンス。イーサンは車を降りて応戦するが、爆風に吹き飛ばされて他の車に叩きつけられたり、転がってきた大型トラックの下部をすり抜けたり。緻密に計算されたスタントだが、一歩間違えればあの世行き。トムのウルトラCの連続がただただスゴい!

3位:高度1500m! 飛行機しがみつき(「ローグ・ネイション」)

難易度★★★★★
衝撃度★★★★
危険度★★★★★

画像2: 難易度★★★★★ 衝撃度★★★★ 危険度★★★★★

5作目のオープニング・シークエンスにして、アクション的にはいきなりクライマックス!VXガスを積んだ輸送機のドアにイーサンがしがみついたまま、機体は離陸。高度約1500メートルまで浮上するばかりか速度も凄まじく、安全ロープ一本でそこに張り付くのは危険極まりない。これを自分でやろうとする俳優は、トム以外に絶対いないはず。

2位:超絶バランス! 水平宙吊り(「ミッション:インポッシブル」)

難易度★★★★★
衝撃度★★★★★
危険度★★★★

画像: 難易度★★★★★ 衝撃度★★★★★ 危険度★★★★

1作目。イーサンがCIAのターミナルに潜入し、天井裏から機密部屋へ、地面と水平を保った体制で垂直降下する場面は、シリーズのアイコンと言うべき名場面。派手ではないが、実はこれ、非常に難易度の高いアクションで、バランスをとるためには全身の筋肉を駆使する必要がある。トムは2、3作目でもこの垂直降下アクションに挑んだ。

1位:地上800m! ビル壁面登り

難易度★★★★★
衝撃度★★★★★
危険度★★★★★

画像: 難易度★★★★★ 衝撃度★★★★★ 危険度★★★★★

ドバイのブルジュ・ハリファは高さ828メートルの世界最長のビルとして知られているが、その高層階の壁面をトムがよじ上る4作目のメインビジュアルは、世界中の観客のド肝を抜いた。高低差だけで目もくらむほどで、高所恐怖症の人なら正視は不可能だろう。さらにその後、壁面を駆け下りさらに窓へと大ジャンプ! もう信じられない!!!

こちらもおすすめ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.