通称“ブラック・カタナ”と呼ばれたGSX1100X KATANA!

1979年10月から1984年10月まで、テレビ朝日系で放映されたポリス・アクション・ドラマの金字塔「西部警察」。初回放映から40年近く経った今でも熱烈なファンを持つ刑事ドラマだ。
その人気の理由のひとつが、劇中に登場した西部警察マシンたち。マシンXやスーパーZ、RS-1など、80年代初頭の日産の人気マシンをモディファイしたスペシャル・マシンを覚えている人も多いと思うが、オートバイでもスズキのカタナをベースに架装した「GSX1100X KATANA」とその進化形「KATANA-R」も強烈なインパクトを放っていた。
その中からまずは通称“ブラック・カタナ”と呼ばれたGSX1100X KATANAを紹介しよう。

画像: 日産のフェアレディZやスカイライン、サファリにガゼール、そしてスズキのカタナ…80年代初頭を彩ったクルマやバイクをベースに作られた西部警察マシンたち。『西部警察FANBOOK』はそれらを新規に撮り下ろし、三面図+αの形で紹介するマシンアルバム。 クルマとバイクの専門出版社ならでは…の切り口で、マシン細部の豊富なショットに加え、ベースマシンの紹介、そして実車のマシン開発者、および舘ひろし氏へのインタビューなども織り交ぜて構成。全238ページオールカラーで、厚さ14mm&重量1kg!…の保存版だ。 誌名:『西部警察FANBOOK~マシンアルバム』 体裁:大判ヨコA4 変形 背カバー付き 平綴じ、横左開き 本体総ページ数:228ページ・オールカラー 価格: 2,980円(税込み) 発売日:2018年7月20日 www.amazon.co.jp

日産のフェアレディZやスカイライン、サファリにガゼール、そしてスズキのカタナ…80年代初頭を彩ったクルマやバイクをベースに作られた西部警察マシンたち。『西部警察FANBOOK』はそれらを新規に撮り下ろし、三面図+αの形で紹介するマシンアルバム。
クルマとバイクの専門出版社ならでは…の切り口で、マシン細部の豊富なショットに加え、ベースマシンの紹介、そして実車のマシン開発者、および舘ひろし氏へのインタビューなども織り交ぜて構成。全238ページオールカラーで、厚さ14mm&重量1kg!…の保存版だ。
誌名:『西部警察FANBOOK~マシンアルバム』
体裁:大判ヨコA4 変形 背カバー付き 平綴じ、横左開き
本体総ページ数:228ページ・オールカラー
価格: 2,980円(税込み)
発売日:2018年7月20日

www.amazon.co.jp

■Text:中村浩史 ■Photo:島村栄二

“ポッポ”こと鳩村英次のファーストバイクはGS650Gだった!

画像: ▲GS650Gは、GSX1100Sが国内販売されなかった(当時は750ccを超えるモデルは国内発売できなかった)ため、ターゲットデザイン社が手掛けたモデルのうち、国内で初めて発売されたモデル。すでに大排気量版の1100カタナが存在していたため、GS650Gのことを「小刀」と呼ぶファンもいた。

▲GS650Gは、GSX1100Sが国内販売されなかった(当時は750ccを超えるモデルは国内発売できなかった)ため、ターゲットデザイン社が手掛けたモデルのうち、国内で初めて発売されたモデル。すでに大排気量版の1100カタナが存在していたため、GS650Gのことを「小刀」と呼ぶファンもいた。

『 西部警察』での舘ひろしとオートバイの初の関わりは、「巽総太郎」役でのハーレー・ダビッドソンFXS1200ローライダー。しかし、第109話から登場した「鳩村英次」役での初めての愛車は、特別機動隊(=特機隊)を率いる隊長としてライディングしたロッパンジーことGS650G。海外専売モデルとして登場したGSX1100Sカタナが国内正規発売されなかったため、カタナと同じ独・ターゲットデザイン社がデザインしたモデルとして、最初に国内で正規発売された「カタナ第1号車」だ。

最初の数話はノーマルカラーのシルバーで、後にタンクやサイドカバー、フェンダーなどがブラックにペイントされている。登場シーンによって、この写真のハンドルの車両と、低いセパレートハンドルの車両が存在したようだ。GS650Gは特機隊メンバーが乗るシルバーのノンカウル車と、白バイ隊の白車両、合わせて約30台が登場。のちに白バイのGS650Gは、白いビキニカウル(おそらくスズキ純正品。GS650GⅢ型に装着されたものとは別)が装着されていた。

▲ブラック・カタナのベースとなったのが、この初代SZ型・GSX1100S KATANA(1982)、1981年のケルンショーでプロトタイプが発表され、81年秋に世界で1982年モデルとして市販された。「ケルンの衝撃」と言われた歴史に残る名モデルだ。

『西部警察』& 舘ひろしと言えば、やっぱりこのブラックカタナ!

画像: ▲集合マフラーは、今や絶版となった「アウトバーン」製の鉄エキパイ+アルミサイレンサー。アウトバーンは名古屋のバイクショップのオリジナルブランドで、当時の人気マフラーのひとつ。

▲集合マフラーは、今や絶版となった「アウトバーン」製の鉄エキパイ+アルミサイレンサー。アウトバーンは名古屋のバイクショップのオリジナルブランドで、当時の人気マフラーのひとつ。

GS650Gに代わって、特機隊隊長である鳩村英次に供給されたのが、のちに舘の、または『西部警察』の代名詞にまでなった、このブラックカタナ。ベースは海外専売モデルだった初期型のGSX1100Sカタナ(通称形式名・SZ)で、『西部警察』PART- Ⅱ 第3話から登場し、PART-Ⅲ 第60話で爆破されるまで、2年以上も劇中車として登場している。

このブラックカタナ、基本はノーマルのままで、舘ひろしの「もっと短く、シャープに見せたい」というオーダーの通り、ショートシートとし、前後ウィンカーを小型のものに換装。集合マフラーを装着したもので、エンジンチューンに関する記述や劇中のエピソードもなかったことから、エンジン関係はノーマルのままだったと思われる。

この車両も劇中のシーンによって数台用意されており、基本は1台ながら転倒シーン用にバックアップのブラックカタナが1台、さらにカタナカウルを装着したGS650Gが10台弱、用意されていた。この劇中車の登場で、ノーマルには設定がなかった「黒」車体色がクローズアップされ、西部警察の放映当時はもちろん、今なおGSX1100Sに「黒」の純正色設定があったと誤解しているファンも少なくない。カタナを黒くペイントしたカスタムカラーも、カタナカスタムの定番として大流行。後にスズキが400cc版のGSX400Sを発売しようとしたときに、黒い車体色を純正カラーとして採用するかどうか迷い、結局、ガンメタカラーを採用したというエピソードも残っている。

画像: ▲タンデムステップは取り外され、ステップもバックステップ(メーカー不明)に交換されている。フットレストはレース風のアルミステップが取り付けられている。

▲タンデムステップは取り外され、ステップもバックステップ(メーカー不明)に交換されている。フットレストはレース風のアルミステップが取り付けられている。

画像: ▲ノーマルのフロントカウルに、小型ウィンカーを装着。使用シーンにもよるが、バックミラーを取り外されているシーンは多かった。純正ではウィンカー前方下部に取り付けられるラバー製のフィンが劇中車では装着されていない。

▲ノーマルのフロントカウルに、小型ウィンカーを装着。使用シーンにもよるが、バックミラーを取り外されているシーンは多かった。純正ではウィンカー前方下部に取り付けられるラバー製のフィンが劇中車では装着されていない。

画像: ▲エンジン、キャブレターはノーマル。外装パーツは黒ペイントされ、SUZUKI ロゴは赤。この組み合わせが、カタナファンの間で大流行した。

▲エンジン、キャブレターはノーマル。外装パーツは黒ペイントされ、SUZUKI ロゴは赤。この組み合わせが、カタナファンの間で大流行した。

画像: ▲もとはヨーロッパ輸出を念頭に開発されたカタナだったが、メーターがマイル表記の北米仕様も存在した。しかし、写真のメーターは外周にマイル表示、内周にキロ表示を持つ珍しいもので(多くは逆)、何年式のどこ仕様かは謎のまま。オドメーターを見ると2550 マイル(約4100km)しか走っていない低走行車だ。

▲もとはヨーロッパ輸出を念頭に開発されたカタナだったが、メーターがマイル表記の北米仕様も存在した。しかし、写真のメーターは外周にマイル表示、内周にキロ表示を持つ珍しいもので(多くは逆)、何年式のどこ仕様かは謎のまま。オドメーターを見ると2550 マイル(約4100km)しか走っていない低走行車だ。

画像: ▲「全体を短く見せたい」という舘ひろしのオーダーを叶えるために、シートレールをカットし、テールカウルを取り外してテールランプを移設、取り付けてある

▲「全体を短く見せたい」という舘ひろしのオーダーを叶えるために、シートレールをカットし、テールカウルを取り外してテールランプを移設、取り付けてある

画像: ▲誌面より。石原プロモーションの協力を得て、劇中の舘ひろしとカタナの絡んだカットも収録している。

▲誌面より。石原プロモーションの協力を得て、劇中の舘ひろしとカタナの絡んだカットも収録している。

画像: 【パッケージ】 誌名:『西部警察FANBOOK~マシンアルバム』 体裁:大判ヨコA4 変形 背カバー付き 平綴じ、横左開き 本体総ページ数:228ページ・オールカラー 価格: 2,980円(税込み) 発売日:2018年7月20日 www.amazon.co.jp

【パッケージ】
誌名:『西部警察FANBOOK~マシンアルバム』
体裁:大判ヨコA4 変形 背カバー付き 平綴じ、横左開き
本体総ページ数:228ページ・オールカラー
価格: 2,980円(税込み)
発売日:2018年7月20日

www.amazon.co.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.