スズキが125ccスクーターの別ラインとして発表した『スウィッシュ』は、現代的なスタイルと装備を持つプレミアムモデルです。でも乗って思いました。スウィッシュの本当の魅力は、スタイルの裏に潜む『走り』なのかもしれません……

実用性だけじゃつまらない!

画像1: 実用性だけじゃつまらない!

スズキの125ccスクーターといえば定番は『通勤快速』の異名を誇るアドレスシリーズですよね。

でも6月26日に、新しいラインとして『スウィッシュ』が発売になりました。

画像2: 実用性だけじゃつまらない!

このスウィッシュはアドレス125とは完全な別モデルとして位置付けられています。

現代的なスタイリングの他、豪華装備を手に入れたプレミアムモデルなんです。

画像3: 実用性だけじゃつまらない!

まずはこちらのLEDヘッドライトで洗練されたスポーティなフェイスマスク。

スズキのGSX-Rブランドにも通じる縦2灯デザインで、他とは違う『ひと目でわかる』インパクトが与えられています。

画像4: 実用性だけじゃつまらない!

面発光LEDを採用した大きめのテールランプはかなり存在感があります。現代デザインの最先端と言っていいでしょうね。。

125ccスクーターと言うよりも、クルマのテールランプのようなデザインに近いかもしれません。後続車から見ても、すぐにスウィッシュだとわかる画期的なデザインです。

そしてスズキ125ccスクーター初のUSBソケットも装備されています。

スマホの充電を含め、これは便利!

画像5: 実用性だけじゃつまらない!

USB電源ソケットはフロントのインナーラックの上部にあり、使い勝手が良さそうな場所に配置。

使う人への細かい配慮は、さすがスズキ車と言えるポイントのひとつでしょう。

画像6: 実用性だけじゃつまらない!

装備は間違いなく豪華で高級感たっぷり。

それに125ccスクーターは実用車イメージが強いですけど、どうせ乗るならダサいものより、カッコいいほうがいいじゃないですか?

スウィッシュはカジュアルです。通勤や通学だけじゃない。街乗りだって楽しくなりそう!

気になる『走り』は?

画像1: 気になる『走り』は?

そうなると気になるのは『走り』ですよね。

プライスタグは31万8600円。現行車のアドレス125に比べると9万7200円高いことになります。

豪華装備を見れば納得できる部分もありますけど、どうやらスウィッシュはそれだけじゃなさそうなんです。

画像2: 気になる『走り』は?

走りはじめた瞬間、2つのことに驚いた

まずはハンドリングです。軽さが素晴らしい!

スウィッシュは車格を上げるための無駄なサイズアップをせず、むしろボディをコンパクトにまとめてきました。

ホイールベースはアドレス125に比べて35mm短い1250mmです。

これは、この車体サイズでは特に大きな差を生む要因になります。

画像1: 走りはじめた瞬間、2つのことに驚いた

そしてフロントに10インチのホイールを採用。このホイールサイズの影響も強いですね。

直進状態から曲がる動作に移るのがとにかく早い。

スパッ!と瞬間的にフロントが曲がりたい方向に入るんです。

画像2: 走りはじめた瞬間、2つのことに驚いた

でもタイヤサイズがワンサイズ太いおかげで、鋭い動きにも関わらず安定感がある。

クイックなのにしっかり。

このハンドリングのサジ加減には、相当なエンジニアのこだわりを感じました。

気がつくと50km/hを超えている……

画像1: 気がつくと50km/hを超えている……

そして、もうひとつの驚きは加速力でした。

最高出力は9.4馬力を7000回転で。最大トルクは1.0kgf・mを6000回転で発生します。

スペック上の数字としてはアドレス125と変わりません。

画像2: 気がつくと50km/hを超えている……

それなのに、明らかに速い!

駆動系と吸排気がブラッシュアップされたエンジンは、信号待ちからのスロットルオンの瞬間は安定して走り出します。

しかし、速度が乗って車体が安定しはじめる時速20km/hあたりからでしょうか。フワッと軽くなったように感じるんです。

画像3: 気がつくと50km/hを超えている……

そして、次の瞬間にメーターを見るともう時速50kmを超えている。そんな印象でした。

いつの間に30km/h~40km/h台を超えたのかわからない。

この感覚が何度もあったんです。中間加速がとにかく速い。

スウィッシュの加速感は「本当に125ccなのか?」 と思えるレベルにあると思います。

125ccならではの軽さもあるので、信号待ちダッシュでは250ccクラスのビッグスクーターにも引けをとらないかもしれません。

この125ccスクーター、確かに他とはちょっと違います!

本格的に走らせてみる!

スウィッシュのハンドリングと加速力に、あまりにも驚いたので、もうすこし突き詰めて検証します。

郊外まで持ち出して走らせてみたんです。

そして、そこにあるのは、さらなる驚きでした……

画像1: 本格的に走らせてみる!

先ほどと同じくこれが本当に125ccのスクーターなのか?と思います。

でも街中で感じたものとは、完全に別の種類の驚きです。

そして、街中以上に驚いたと言えるかもしれません。

画像2: 本格的に走らせてみる!

スゴい、のひと言……

切れ味鋭いハンドリングはワインディングロードでも健在でした。

速度が乗っていても、同じようにスパッ!と曲がり始めます。

しかも、その速度域で車体に剛性を感じるんです。まったくフラフラしません。

画像1: スゴい、のひと言……

ワンサイズ太い前輪の安心感も絶大でした。

コーナーの安定感も素晴らしいですが、ブレーキングにも貢献しているみたいです。

前後同時ブレーキからギューンッ!と一気に減速。しかもブレーキング中にすこし後輪側を弱めて、前輪側を強くかけるといったような微調整をする余裕すらあります。

画像2: スゴい、のひと言……

そしてスロットルオンで、左右2本のリアサスペンションがきっちり路面を捉えます。

思い切って、一気に深いバンク角まで車体を寝かせていける。

もはや125ccスクーターとは思えません。

画像3: スゴい、のひと言……

その結果としての、特に下りコーナーのスポーティさには目を瞠るものがあります。

欲しいところできちんとパワーの取り出せるエンジン特性。安定感抜群の足周りと車体の強さ。

すべてがバランスして、ちょっと感動するレベルの走りが完成しているんです。

画像4: スゴい、のひと言……

実を言うと、最初はアドレス125に比べて9万7200円も高いことが気になりました。

でも、この走りには納得するしかありません。

125ccスクーターのプレミアムスポーツだと言っても良い、とすら感じています。

画像5: スゴい、のひと言……

スズキ流の「プレミアム」は、やっぱりスタイルや装備だけじゃ無かったんです。

個人的な感想としては第一に傑出した走行性能がありき。そのうえに豪華装備や現代的なデザインが上乗せしたのがスウィッシュなのだと理解しました。

そして、高いパフォーマンスとスタイリッシュさの中に、大容量のトランクスペースを設けたり、頼れるリアキャリアなど実用性を盛り込んでくるのが「スズキらしさ」ですよね。

造り込みがとことん真面目。

スズキはバイクもクルマも、いつだってユーザーを置いていかず、きちんと乗る人への思いやりに溢れています。

画像6: スゴい、のひと言……

すべてにおいて妥協しない新機軸の125ccスクーター。

確かにスウィッシュはワンランク上だと痛感しました。

画像7: スゴい、のひと言……

スタイルも、走りも、利便性も、経済性も全部欲しい。

そんな欲張りな人にも自信を持っておすすめできます。

スウィッシュは、みんなの「こんなのあったらいいな」が、そのままカタチになった125スクーターです!

スウィッシュをもっと詳しく知りたいなら!

This article is a sponsored article by
''.