スズキが125ccスクーターの別ラインとして発表した『スウィッシュ』は、現代的なスタイルと装備を持つプレミアムモデルです。でも乗って思いました。スウィッシュの本当の魅力は、スタイルの裏に潜む『走り』なのかもしれません……

実用性だけじゃつまらない!

画像1: 実用性だけじゃつまらない!

スズキの125ccスクーターといえば定番は『通勤快速』の異名を誇るアドレスシリーズですよね。

でも6月26日に、新しいラインとして『スウィッシュ』が発売になりました。

画像2: 実用性だけじゃつまらない!

このスウィッシュはアドレス125とは完全な別モデルとして位置付けられています。

現代的なスタイリングの他、豪華装備を手に入れたプレミアムモデルなんです。

画像3: 実用性だけじゃつまらない!

まずはこちらのLEDヘッドライトで洗練されたスポーティなフェイスマスク。

スズキのGSX-Rブランドにも通じる縦2灯デザインで、他とは違う『ひと目でわかる』インパクトが与えられています。

画像4: 実用性だけじゃつまらない!

面発光LEDを採用した大きめのテールランプはかなり存在感があります。現代デザインの最先端と言っていいでしょうね。。

125ccスクーターと言うよりも、クルマのテールランプのようなデザインに近いかもしれません。後続車から見ても、すぐにスウィッシュだとわかる画期的なデザインです。

そしてスズキ125ccスクーター初のUSBソケットも装備されています。

スマホの充電を含め、これは便利!

画像5: 実用性だけじゃつまらない!

USB電源ソケットはフロントのインナーラックの上部にあり、使い勝手が良さそうな場所に配置。

使う人への細かい配慮は、さすがスズキ車と言えるポイントのひとつでしょう。

画像6: 実用性だけじゃつまらない!

装備は間違いなく豪華で高級感たっぷり。

それに125ccスクーターは実用車イメージが強いですけど、どうせ乗るならダサいものより、カッコいいほうがいいじゃないですか?

スウィッシュはカジュアルです。通勤や通学だけじゃない。街乗りだって楽しくなりそう!

This article is a sponsored article by
''.