はじまりはある農業青年の遊び心だったそうです。今ではなんと約50万本の大輪の花を咲かせるまでになりました。朝と昼と夕で表情が変わるので様々なひまわりを見ることができます。新潟県津南町の「津南ひまわり広場」でひまわりの撮影はいかがでしょう!

圧倒の50万本。夏の風物詩、ひまわりをたっぷり味わえます

画像: 50万本のひまわりの姿は、まさに「ひまわりの海」

50万本のひまわりの姿は、まさに「ひまわりの海」

新潟県津南町の「津南ひまわり広場」では4ヘクタールの広大な畑の中に、さんさんと夏の太陽を浴びて咲きほこる50万本のひまわりの姿があります。その景色はまさに「ひまわりの海」で感動もの。津南の”夏の風物詩”だ。長期間見頃を楽しんでもらうために畑を3つに分けて咲く時期をずらしているとのことだ。

フォトコンテストも開催されます!

開催期間中は、露店市やかかしコンテスト、ひまわり迷路なども開催されており、ひまわりの鑑賞・撮影以外でも楽しめる。また、「ひまわり写真コンテスト」も開催され、優秀作品には賞金が出るとのことなので是非参加してみよう。また、8月10日(金)~16日(木)は夜間ライトアップも開催されるとのことなので、この時期に行ってみるのもおすすめだ(17時~21時予定)。

画像: 様々な顔をしたひまわりが太陽を見つめている

様々な顔をしたひまわりが太陽を見つめている

画像: 夕暮れ時のひまわり広場。違った一面に誰もが魅了される。

夕暮れ時のひまわり広場。違った一面に誰もが魅了される。

お問い合わせ先

新潟県津南町「津南ひまわり広場」
問合せ先:津南町観光協会
電話番号 025-765-5585
開園期間:7月27日(金)~8月19日(日)※開園期間中は無休
開園時間:午前9時~午後5時
作付面積:約4ヘクタール
作付本数:約50万本
入園料:無料
駐車料金:バイク100円、普通車300円、マイクロ・中型バス1,500円、大型バス3,000円
マップコード:253 243 736
http://www.town.tsunan.niigata.jp/site/kanko/himawarihiroba.html

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.