すでに6/30(土曜)発売のオートバイ8月号で発表している「本誌&Webオートバイ連動企画」です。鈴鹿8耐3連覇中のヤマハファクトリーレーシングチームよりご提供いただきました! それは、昨年も行なった企画「ヤマハファン親子ひと組 鈴鹿8耐ご招待企画」です!

いよいよ今月末に迫って来た2018鈴鹿8時間耐久ロードレースですが、ここに、ヤマハファン親子ひと組をご招待いたします。しかも! 8耐観戦の「極楽ルーム」といわれるホスピタリティルームです!
ホスピタリティルームっていうのは、鈴鹿サーキットのピットビル2Fにある個室で、あの灼熱の8耐を、冷暖房完備で観戦できます! 本誌としては、ヤマハさんからご提供をいただいて「それじゃお子さんも呼びたいです」って趣旨にご賛同いただいたもので、あの鈴鹿の灼熱は、お子さんにはツラいですからね。ホスピで快適に安全に観戦してもらって、将来のレースファンを増やしましょう!

画像: ピットビル2Fのホスピタリティルーム このガラスの一枚外は、あの灼熱の世界です…

ピットビル2Fのホスピタリティルーム このガラスの一枚外は、あの灼熱の世界です…

画像: 昨年のヤマハホスピタリティルーム レース観戦しながら、いろんなイベントやゲスト訪問もありました

昨年のヤマハホスピタリティルーム レース観戦しながら、いろんなイベントやゲスト訪問もありました

すでに、このホスピタリティルームの前売りチケットは完売しちゃっていますが、ヤマハさんが確保したファン用チケットを、2人分ご提供いただいたのです。
このプレゼント企画、応募条件は
①ヤマハファンであること
②親子ペアひと組
って条件なだけです。

本誌とWebでの同時募集をかけていますから(Webは公開を少し遅らせました・笑)、早く申し込まないと締め切っちゃいますからね^^

募集要項は以下の通り。ヤマハファクトリーレーシングの4連覇を現地で、しかもお子さんにも優しい極楽ホスピタリティルームで目撃しましょう!

画像: 4連覇を狙う中須賀克行 今年の8耐マシンは「初代YZF-R1の白赤」イメージカラー!

4連覇を狙う中須賀克行 今年の8耐マシンは「初代YZF-R1の白赤」イメージカラー!

画像: こちら全日本ロードレース参戦中のYZF-R1 こちらは「初代R1の青」イメージカラーです

こちら全日本ロードレース参戦中のYZF-R1 こちらは「初代R1の青」イメージカラーです

■YAMAHA 鈴鹿8耐現地観戦
ホスピタリティルームご招待2018■
応募要項
本プレゼントご希望の方は、郵便番号/住所/親子おふたりの氏名・年齢/保護者の方のご職業/日中に連絡できる連絡先を明記の上

本誌編集部 宛先→autoby@motormagazine.co.jpまで
7月10日までにメールください!
件名に「ヤマハホスピタリティルームプレゼント係」と入れてくださいね。

応募いただいたメールは、1通1通、きちんと目を通します。ヤマハへの熱き思いをガッチリ書き込んでください! もう、思いがアツいひとに当てちゃう!

※現地への往復交通費、宿泊費等は応募者のご負担をお願いします。
※当選された方、本誌の簡単な取材を受けていただいて、オートバイ本誌に(ちょっとだけど)登場していただきます。

画像: 本誌編集部 宛先→autoby@motormagazine.co.jpまで 7月10日までにメールください! 件名に「ヤマハホスピタリティルームプレゼント係」と入れてくださいね。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.