逗子に住む作者が身近な逗子、鎌倉、葉山の海の景色を紹介。刻々と変わる海の表情、訪れる人々、海辺に暮らす貝や生物…写真家の鮮やかな色彩感覚や形状の美しさに思わず見とれてしまう写真展だ。

画像: 太田有美子 写真展「by the sea 湘南」
●2018年6月25日(月)まで  ●リコーイメージングスクエア新宿

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squareshinjuku/gallery/20180613/online/index.html

画像: 湘南の海の魅力を様々な手法で切り取った作品群

湘南の海の魅力を様々な手法で切り取った作品群

画像: 自分が意図する形状を強調した組み写真にするために、フォトショップで一部の欠けを修正しているとのこと。

自分が意図する形状を強調した組み写真にするために、フォトショップで一部の欠けを修正しているとのこと。

画像: 「自分の理想とする作品にするために一部欠けている形状を整えたり、逆光を入れたりなど、フォトショップで加工をしている作品もあります。そういう写真表現の提案もできるのでは、と考えています」と太田有美子さん。

「自分の理想とする作品にするために一部欠けている形状を整えたり、逆光を入れたりなど、フォトショップで加工をしている作品もあります。そういう写真表現の提案もできるのでは、と考えています」と太田有美子さん。

●カラー作品約40点
●2018年7月11日(水)~ 7月23日(水) ●リコーイメージングスクエア大阪

太田有美子

大学時代に高山植物を撮るために一眼レフカメラを購入。雑誌の取材で写真家丹地敏明氏に出会い師の主宰するフォト・パラダイスアカデミーに入会し、本格的に写真を始める。2014年よりフリーランス写真家。写真集『たまゆら』刊行。個展多数。逗子市在住。公益社団法人日本写真家協会会員、公益社団法人日本写真協会会員。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.