コシナはフォクトレンダーブランドのソニーフルサイズEマウント専用設計のレンズ、MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mountを2018年8月に発売する。価格は14万8000円(税別)。

焦点距離110mmで、最短撮影距離35cm、最大撮影倍率1:1のマクロ撮影が可能なソニーEマウント専用の中望遠マクロレンズ。レンズ構成は12群14枚で異常部分分散ガラスを8枚使用する。

画像: MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount

MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount

MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5はソニーミラーレス機のイメージセンサーに最適化された高性能マニュアルフォーカスレンズで、中間リングを使用せずに等倍撮影が可能。撮影距離に応じてレンズを3つの群で動かす3群フローティング機構を採用する。
APO-LANTHAR(アポ・ランター)とはフォクトレンダーレンズの中でも特に高性能なレンズに与えられる称号で、RGBの軸上色収差を限りなくゼロに近づけるアポクロマート設計に由来する。
ピント合わせ、絞り設定はマニュアル専用だが、電子接点を搭載し、Exif情報にレンズ情報が記録される。また距離エンコーダーを内蔵するのでボディ内5軸手ブレ補正を搭載した機種での手ブレ補正にも対応する。またフォーカスリング操作によるファインダーの拡大表示も可能だ。

画像: 付属のフードを装着したMACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5

付属のフードを装着したMACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5

●レンズ構成:12群14枚●画角:22.6°●絞り羽根枚数:10枚●最小絞り:F22●最短撮影距離:35cm●最大撮影倍率:1:1●フィルターサイズ:φ58mm●最大径×長さ:φ78.4×99.7mm●質量:771g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.