2017年末に阪急百貨店公式通販サイト「阪急MEN'S ONLINE STORE」で約400枚を完売した高級男性用下着「sunny voice」が2018年6月8日(金)から再販売を開始…したかとおもったら、6月11日にはもう売り切れる事態に。なぜそんなに人気なのでしょうか?理由を見てみましょう。

1枚6,900円(税込)という高価格設定ながら、即完売する人気の男性用下着「sunny voice」

男性が穿くパンツを、これまでの「何となく穿いてきたもの」から「穿きたくなるもの」へ価値観を変えたいとの想いから、“究極の触り心地”を求めてパンツ界の前例にとらわれない商品開発で誕生した「sunny voice」。

なんと購入者の約8割が女性だそうで、理由は買った女性が「ずっと触っていたいから」。彼氏やパートナーへの贈り物のほか、中には女性みずから穿く“自分用”としてもリピート注文されています。ずっと触ってくれるんなら…男性諸君、待ってないで自ら購入するべきでしょう。

独自製法で最高の触り心地、機能性を実現

最高の触り心地を実現するため、生地はすべて日本産というこだわり(ポリエステル84%/ポリウレタン16%)。
また触り心地だけでなく、「座る」「歩く」など縦の屈伸運動に適した生地を独自に生み出し、一般的なパンツにある横の伸縮性だけでなく、縦の伸縮性を最大限に活用。食い込み防止やポジショニングを固定し、それによって余計な皮膚摩擦を起こさず蒸れにくいという機能性もバッチリな逸品です。

画像: 人気No.1デザイン「Shinkai」

人気No.1デザイン「Shinkai」

さらに、男性にとって最も重要なポジショニングを左右するフロントカップ部分にも、独自の製法を取り入れています。「sunny voice」のフロントカップは他社よりも長く、しっかりと睾丸をカバーしてくれるんだとか。これにより、睾丸がフロントカップからはみ出ることがポジションのズレに繋がり、ズレが余計な皮膚接触を生み、蒸れにつながるという従来の悪循環が改善されます。(特許、意匠登録申請中)

くわえて、製造もすべて国内!縫製技術の高い専門の職人の手作業で、一枚一枚丁寧に作り上げられており、バリエーション豊かなデザインと究極の肌触りを両立させる独自の「プリント技術」も開発されています。一度完売すると、2か月かけて丁寧に作り上げてくれるんですって。

ちなみに、わたし的お気に入りデザインは「「Damask Silver」。

画像: 独自製法で最高の触り心地、機能性を実現

こちら、白パンに透けないようにデザインされているんですって。そういう気遣いってポイント高いですよね。いかがです?

まさに早い者勝ち。今回も完売しちゃいました…次回のチャンスは8月!

というわけで、ロレンス読者さんもぜひと思ったのですが、さすが人気者。もう売り切れてしまいました。

画像: shop.sunnyvoice.co.jp
shop.sunnyvoice.co.jp

在庫補充のため、次回の再販売は8月以降を予定。再販売日・開始時間はsunny voiceのWebサイトから登録できる無料会員さんに優先的に案内されます。会員になると1枚に付き400円オフの特典付きなので、気になる方は今のうちに登録して置いたほうが良さそうです。ちなみにLINEでも教えてくれるそうです。お好みでどうぞ。

また、LINEのご登録もオススメします。「普段メールを見ないので、気付いた時には完売していた」と言った声も届いております。LINEですと、販売開始時間になりましたら、一斉にご連絡をしますので、購入できる確率は非常に高くなると思われます。なお、再販売の通知専用LINEですので、毎日ピコピコなりません。多くて月に1回2回です。以上となります。よろしくお願いいたします。

This article is a sponsored article by
''.