国内最大級のフランス料理イベント『ダイナースクラブフランスレストランウィーク2018』が今年も開催。プレイベントである『ラ・ターブル・ドゥ・ダイナースクラブ@ミーレ』では、次世代を担う注目のシェフである「今年のフォーカスシェフ」に選ばれたフランス人女性シェフのファニー・レイ氏が登場!協賛社であるルノーにまつわるオリジナル料理を披露するそうですが…一体どんなもの?

『ダイナースクラブフランスレストランウィーク2018』って?

フランス料理を気軽に楽しむことを目的に2011年に始まり、毎年秋に開催されている日本最大級のフランス料理イベントです。期間中は、ランチ・ディナーのコースメニューが、お得な一律価格で楽しめます。日本全国で数百にものぼる参加レストランには、名店の名前がズラリと並びますよ。

画像: francerestaurantweek.com
francerestaurantweek.com

今年の『ダイナースクラブフランスレストランウィーク』では、さまざまな食材を料理に取り入れているシェフたちが、さらに日本色の強い“和食材”に挑戦するそう。開催は9月22日からですが、9/5から予約ができるようになります。早い者勝ちなのでカレンダーに入れておきましょう!ちなみに、ダイナースクラブ会員さんは8/29から先行予約が可能です。

プレイベント「ラ・ターブル・ドゥ・ダイナースクラブ@ミーレ」

さて、本イベントに先駆けて9/5から「ラ・ターブル・ドゥ・ダイナースクラブ@ミーレ」というプレイベントが行われます。

プレミアム家電ブランドで有名なミーレが運営する「ミーレ・センター表参道」に三重県、福岡県、北海道、そしてフランスから来日したシェフ達が集まり、期間限定のレストランが開かれるのです!

画像: ミーレ・センター表参道 francerestaurantweek.com

ミーレ・センター表参道

francerestaurantweek.com

そして、要注目なのが9月15日・16日のブランチ!なんとミシュランガイドが表彰する<プリ・ミシュラン>で初の<2017年女性シェフ>に選ばれたプロヴァンスの若き女性シェフ、ファニー・レイ氏が登場。本イベントの協賛社であるフランスの車両メーカールノーの「ルノートゥインゴ」の4つのカラーをモチーフとした料理を提供するそうです。

ちなみに、ルノートゥインゴはこちら。
ルージュの他にブルードラジェ・ブルーノクターン・ブランクリスタルと鮮やかなカラーを展開。

プレイベントも、レストランウィーク本番もどちらもたのしみですね。プレイベント「ラ・ターブル・ドゥ・ダイナースクラブ@ミーレ」の予約は、8/22から(ライナースクラブ会員は8/15から先行予約可能)です。あわせてチェックを。

This article is a sponsored article by
''.