キヤノンは交換レンズの中でも人気の高い、70-200mmF2.8とF4の2本をリニューアルする。

キヤノンEF70-200mm F4L IS II USM

「EF70-200mm F2.8L IS III USM」と「EF70-200mm F4L IS II USM」の2本で、EF70-200mm F4L IS II USMは大幅なリニューアルとなり、手ブレ補正が3段から5段に、手ブレ補正モードにISモード3を追加し、流し撮りに対応。スーパースペクトラコーティングにより高画質を実現。また最短撮影距離を1.2mから1mに短縮。フッ素コーティングを採用した。

画像1: キヤノンEF70-200mm F4L IS II USM
画像: EF70-200mm F4L IS II USM

EF70-200mm F4L IS II USM

画像2: キヤノンEF70-200mm F4L IS II USM

キヤノンEF70-200mm F2.8L IS III USM

大口径F2.8のEF70-200mm F2.8L IS III USMは現行モデルの光学系を継承し、コーティング技術のASCを採用し、フレア・ゴーストを低減。新たにフッ素コーティングを施しレンズ面の汚れを素早く拭き取ることができる。基本仕様はEF70-200mm F2.8L IS II USMと変わらない。

画像1: キヤノンEF70-200mm F2.8L IS III USM
画像: EF70-200mm F2.8L IS III USM

EF70-200mm F2.8L IS III USM

画像2: キヤノンEF70-200mm F2.8L IS III USM

発売はEF70-200mm F4L IS II USMが2018年6月下旬予定で、価格は18万5000円(税別)。
EF70-200mm F2.8L IS III USMが2018年8月予定、価格は30万円(税別)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.