東京も本格的に梅雨入りしましたが、家の中にいるだけではもったいない!晴れの日に備えて今のうちからプランを考えておきませんか?
6月といえばバーベキューの季節。ライダーのみなさんもバイクでバーベキュー場に行って6月を思いっきり楽しみしょう!

自然がいっぱい!埼玉県 嵐山渓谷バーベキュー場。

嵐山渓谷バーベキュー場は、JTBの運営するオンラインサイト「JTBるるぶ.COM」でBBQ&キャンプ場人気スポットランキング2018に、2年連続で全国1位に選ばれているんですよ。その理由のひとつが“自然”!

埼玉県を代表する景勝地のひとつ「武蔵嵐山渓谷」は都心からバイクで約1時間でいける距離にもかかわらず、大自然に恵まれているのです。

バーベキュー場に沿って流れる槻川は、綺麗でじつに穏やか。水位も浅いので大人も子どもも安心して川遊びができます!

画像:バーベキュー場と嵐山渓谷中心部を繋ぐ飛び石。

www.town.ranzan.saitama.jp

そして二つめはBBQが手ぶらでたのしめるということ。

網や鉄板、レジャーマットにパラソル。なにからなにまで全部貸し出ししてくれるのが嬉しいポイント!食材予約は5人前から予約できるので、みんなでいったら楽しめることまちがいなし!

地図

近くには駐車場もあるのでバイクで行っても大丈夫!ちなみにオートバイの駐車料金400円です。安いっ!こうなったらますますバイクで行くしかありませんよね。

ホンダバイクには気軽に乗れる125cc~400ccクラスの中型バイクのラインナップがたくさんあるので、今回は嵐山渓谷バーベキュー場へ行くのにおすすめのホンダバイクをご紹介しましょう。

HONDA PCX

ホンダ「PCX」と「PCX150」は今年フルモデルチェンジされたスクーター。「PCX」は4月6日(金)に、「PCX150」は4月20日(金)に発売されたばかりの話題のバイクです。

画像: キャンディラスターレッド メーカー希望小売価格(消費税込み) 342,360円(消費税抜本体価格 317,000円) www.honda.co.jp

キャンディラスターレッド
メーカー希望小売価格(消費税込み)
342,360円(消費税抜本体価格 317,000円)

www.honda.co.jp

燃費の良さや扱いやすく力強い出力特性などで好評の、軽量・コンパクトな水冷・4ストローク・単気筒エンジン「eSP」の一部仕様を変更し進化しています。

安定感あるタイヤと軽量化を追求した14インチホイールも心強い。そしてなんといっても横からみると流れるようなラインも美しいんです!

画像: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

軽二輪スクーターは、通勤・通学などの市街地走行から有料道路を利用したツーリングまで幅広い用途に適した利便性の高さから人気があります。

このバイクも150ccですが原付二種でなく軽二輪となるので、高速道路を走ることができます!

またフロントパネル左側のインナーボックスには、500mlのペットボトルが収納可能なので、荷物を入れてるスペースは十分確保できます。女の子の荷物はこちらのインナーボックスに入れてあげてくださいね。

2人乗りなので限定1名だったら女の子をバーベキュー場まで送り迎えできますよ(笑)

PCX
342,360円(消費税抜き本体価格 317,000円)
PCX150
373,680円(消費税抜き本体価格 346,000円)
PCX150<ABS>
395,280円(消費税抜き本体価格 366,000円)
*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

関越道東松山ICから嵐山渓谷バーベキュー場までの行き方は下記動画からぜひチェック!

画像: 関越道東松山ICから嵐山渓谷バーベキュー場道案内 youtu.be

関越道東松山ICから嵐山渓谷バーベキュー場道案内

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.