シグマは大口径レンズ、F1.4の新しいフラッグシップモデル「SIGMA 105mm F1.4 DG HSM」を発売する。フルサイズに対応し、マウントはシグマ、キヤノン、ニコン、ソニーEの4種が用意される。発売は2018年6月14日(ソニーEマウント用は未定)。価格は:220,000円(税別)。
画像: SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art

SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art

高い解像力と各社補正機能にも対応

焦点距離105mmの単焦点中望遠レンズで、開放F値はF1.4。レンズ構成は12群17枚で、FLDガラスを3枚、SLDガラス2枚、非球面レンズを1枚採用し、各収差を徹底的に補正、高い解像力を実現する。
Sports ラインと同様、各部にシーリングを施した防塵防滴性の高い構造により、
天候に左右される事なく様々な条件下で撮影が可能。さらにレンズ最前面には撥水防汚コーティングを採用している。
またフルサイズソニーEマウントに対応し、ボディ内手ブレ補正機能、ボディ内収差補正機能にも対応する。現在発売中の14mmから135mmまでのArtラインのフルサイズ用単焦点レンズ7本も今後発売予定。
キヤノン用はカメラ搭載の収差補正機能「レンズ光学補正」に対応。さらなる画質向上を可能にしたという。

その他
・円形絞りを採用
・フルタイムマニュアルが可能
・マウントコンバーターMC-11 に対応(シグマ用、キヤノン用)
・SIGMA USB DOCK に対応(ソニーE マウント用を除く)
・マウント交換サービスに対応
・高精度、堅牢な真鍮製バヨネット・マウント
・シグマ独自のMTF 測定器「A1」で全数検査
・「 Made in Japan」のクラフツマンシップ

●レンズ構成:12群17枚●画角(35mm):23.3°●絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)●最小絞り:F16●最短撮影距離:100cm●最大撮影倍率:1:8.3●フィルターサイズ:φ105mm●最大径×長さ:φ115.9×131.5mm●質量:1,645g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.