パナソニックはLUMIX GH5、G9 PRO、GH5Sにおいて「L.モノクロームD」「粒状」モードを新たに追加し、更に操作性など機能追加・向上に対応したファームウェアのダウンロードサービスを発表。

アップデートの内容はフィルムライクな質感を表現できる「L.モノクロームD」「粒状」モードを新たに搭載。GH5、GH5Sでは「オートフォーカス性能の向上」「音声性能の向上」の他、G9 PROでは「ハイレゾモードの強化」「オートフォーカス性能の向上」他、様々な操作機能向上により、より快適な撮影が可能になるという。

画像: LUMIX GH5

LUMIX GH5

画像: LUMIX G9 PRO

LUMIX G9 PRO

画像: LUMIX GH5S

LUMIX GH5S

対象機種:DC-GH5(ファームウェアバージョン2.3)
     DC-G9(ファームウェアバージョン1.1)
     DC-GH5S(ファームウェアバージョン1.1)
ファームウェアダウンロード開始:2018年5月30日(水)10時予定

画像: モノクロームの比較。追加されたL.モノクロームD。

モノクロームの比較。追加されたL.モノクロームD。

画像: 粒状設定画面。

粒状設定画面。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.