富士フイルムはX-Tシリーズのエントリーモデル「X-T100」を2018年6月21日に発売する。EVFをボディ中央に配置するセンターファインダースタイルを採用する。また背面液晶モニターは水平方向に可動し、自分撮りも可能。

価格はオープンプライスでメーカー直販のフジフイルムモール価格はX-T100ボディは80,460円(税込)、レンズキット(XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ)が94,500円(税込)、ダブルズームレンズキット(XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ、XC50-230mmF4.5-6.7 OIS)が107,460円(税込)。

画像: X-T100ダークシルバー

X-T100ダークシルバー

「X-T100」の特長

小型・軽量ボディに2424万画素の大型APS-CサイズCMOSセンサーを搭載。ボディ外装には上質なアルマイト塗装を施し、高級感のある外装に仕上げている。ボディカラーは「ダークシルバー」「ブラック」「シャンパンゴールド」の3色が用意される。

●多彩なセルフタイマーを搭載
ファインダーは236万ドットの電子ビューファインダーで、Xシリーズ初の水平方向に反転する3方向チルト式タッチパネル液晶モニターを採用し、セルフポートレートを可能としている、セルフタイマーは全部で11種類搭載し、2/10秒のセルフタイマーのほか、フェイスオートシャッター、スマイルシャッター、カップルタイマー、グループタイマーなど多彩。また4K動画や15コマ/秒の4K連写(静止画)にも対応。

●画像の常時転送機能を新搭載
スマートフォンやタブレット端末と事前にペアリングすることでFUJIFILM Camera Remoteを使用することにより、撮影画像の自動転送も可能。新搭載の常時転送機能で撮影中にも画像転送が可能という。

画像: X-T100ブラック

X-T100ブラック

画像: X-T100シャンパンゴールド

X-T100シャンパンゴールド

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.