5度SSP(世界スーパースポーツ選手権)タイトルを獲得したトルコの英雄、ケナン・ソフォーグルが先日のイタリア・イモララウンドにて正式に引退しました。なおSSP通算43勝・85表彰台獲得は、無論ダントツの最多記録です。

ホンダ時代はSSPで2つのタイトルを獲得!

1984年生まれのソフォーグルが初めてSSPに参戦したのは2003年のことでした。前年、ドイツのヤマハR6カップを走った彼はその流れからR6での参戦でしたが、スポット参戦で目立った成績を残すことはできませんでした。2004〜2005年はヤマハR1で欧州スーパーストック選手権に参戦したソフォーグルは、初年度に年間3位を記録。翌年はわずか6点差でタイトルを逃しましたが、その活躍ぶりから2006年のSSPフル参戦の機会を得ることになります。

2006年からホンダに移籍したソフォーグルは、第9戦オランダと第10戦ドイツを連勝。この年年間3位に輝きます。そして2007年は優勝8回、2位3回、3位とリタイアがそれぞれ1回という優秀な成績で、初のSSPタイトルを獲得しました! なおシーズン8勝は、SSPの新記録でした。

2008年はSBK(世界スーパーバイク選手権)にステップアップするチャンスを掴んだソフォーグルでしたが、シングルフィニッシュは第13戦フランス・レース1の9位が唯一・・・と低迷します。しかしその年のSSP最終戦ポルトガルに参戦したソフォーグルは見事優勝! SSPでの適性の高さを示しました。

2008年、ハンスプリー・テン・ケイト・ホンダのライダーとしてSBKをCBR1000RRで戦ったK.ソフォーグル。

www.honda.co.jp

2009年からはSSPに復帰しますが、3勝で年間ランキング3位に甘んじます。しかし2010年は全戦で表彰台獲得!(優勝3回、2位7回、3位3回)という超安定した成績で2度目のSSPタイトルを獲得することに成功しました。

2010年のSSP第3戦スペインで、2位入賞したK.ソフォーグル(ホンダ、左)。

world.honda.com

カワサキ時代に3度のタイトルをゲット!

2010年、ソフォーグルは事故死した富沢祥也に代わるテクノマグ-CIPチームのライダーとして、Moto2のシーズン終盤の2戦にスッターに乗り参戦しました。翌2011年も同チームよりMoto2に参戦したソフォーグルでしたが、オランダで2位入賞した以外は目立った活躍はなく、年間ランキングは17位に終わりました。

2012年以降はSSPに専心することになったソフォーグルは、このカワサキ時代に黄金期を築きます。2018年までの間、25勝を獲得。2012、2015、2016年と3度チャンピオンに輝きました。

画像: 2018年のSSP開幕戦オーストラリア。13位に終わったK.ソフォーグルですが、これが彼が最後に完走したSSPのレースとなりました・・・。 www.puccettiracing.it

2018年のSSP開幕戦オーストラリア。13位に終わったK.ソフォーグルですが、これが彼が最後に完走したSSPのレースとなりました・・・。

www.puccettiracing.it

SSPの王者として君臨していたソフォーグルですが、2017年は彼にとって受難の年となりました。開幕前には指を骨折し序盤の2戦を欠場。そして9月の第10戦フランスで骨盤3箇所を折る大怪我を負い、全治12週間という診断を下されることになりました。しかし、驚異的な回復力と強靭な意思でソフォーグルは最終となる12戦カタールに復帰。見事3位表彰台を獲得しています!

今期は大久保光のチームメイトとしてプセッティレーシングからエントリーしていたソフォーグルでしたが、開幕戦オーストラリア以外は欠場していました。33歳という年齢、そして怪我の影響・・・十分戦って結果を残してきた彼が引退を決意することに、ストップをかけられる人はいないでしょう・・・。

画像: イタリア・イモラで仲間たちに囲まれるK.ソフォーグル(中央)。 www.worldsbk.com

イタリア・イモラで仲間たちに囲まれるK.ソフォーグル(中央)。

www.worldsbk.com

彼がSSPで幾多の記録を築けたのは、ステップアップのためのクラスであるSSPに長年参加し続けたため・・・と揶揄するファンもいるかもしれません。しかしモータースポーツの厳しさを知る真のファンであれば、ソフォーグルの偉大さを疑わないでしょう。なお今後ソフォーグルは、後進のライダーの指導者というポジションで、ロードレース業界に関わり続けることを考えているそうです。ひとまずは・・・お疲れ様でした!

This article is a sponsored article by
''.