サイコーの天気の大分県・オートポリスサーキットに来ております。今週はスゴいレースウィークですね、MotoGPこそ先週終わりましたが、それ以外のレースが世界中のどっかで開催されている、そんな週です。スロバキアでは世界耐久が、イタリア・イモラではワールドスーパーバイクが開催され、日本でもここオートポリスでロードレースが開催されるほか、スポーツランド菅生で全日本モトクロス、大分では全日本トライアルも行われています! すげーな、こんな週もなかなか珍しい(笑)。しかも、ここオートポリスはJSB1000クラスとスーパーフォーミュラが同時開催の「2&4」です。もう、おなかいっぱい><

そのロードレースは、公式予選が終わりました。金曜の事前テストでは、1回目に中須賀克行(ヤマハファクトリー)、2回目に渡辺一馬(カワサキTeamグリーン)がトップタイムをマーク。絶好調、開幕4連勝中の中須賀はもちろん、ここオートポリスをホームコースとする渡辺がどこまで予選でタイムを出してくるか――そんな注目の公式予選でした。
しかし、まぁなんともはや。終わってみれば中須賀がトップタイム、しかもコースレコードを破るタイムで、2位以下に1秒340もの大差をつけてのポールポジションでした!

画像: 死角なし!「調子がいいっていうより、16年までの状態に戻った感じです」と中須賀

死角なし!「調子がいいっていうより、16年までの状態に戻った感じです」と中須賀

2位に1秒3差って……ちなみにオートポリスは、ラップタイムが1分50秒を切るコースなので、ツインリンクもてぎにちょっと近い距離感、ラップタイム感です。ちなみに今年の開幕戦・もてぎ大会では、ポールポジションの中須賀と予選2位の津田拓也(ヨシムラスズキ)の差が0秒8、第2戦・鈴鹿では、ポールの中須賀と2位高橋巧(チームHRC)との差が0秒58でした。オートポリスでいうと、2017年春の大会では雨で参考にならないんですが、秋のオートポリス大会では、ポールポジションの野左根航汰(ヤマハファクトリー)から予選2位の渡辺まで0秒4でした。今回、中須賀が2位以下につけた「1秒340」がいかにデカいか、わかるでしょう。

画像: もはや勝って当然、とまで思われている中須賀 そのぶん、プレッシャーもスゴいでしょう

もはや勝って当然、とまで思われている中須賀 そのぶん、プレッシャーもスゴいでしょう

「これで(JSBが現在、行われない)筑波サーキットを除いて、全部のコースでコースレコードを獲れました。去年は自分のミスで、(去年から使うことになった)17インチタイヤに合わせこむことができてなかったんですが、今年はそれがキッチリできている、そんな感じです。悔しい思いをした分、シーズンオフのトレーニングにも熱が入ったし、その成果が出てると思います」と中須賀。ここまで3戦4レースともポールtoウィン、そしてオートポリスでもまずポールポジションと、絶好調確率変動最強モード持続中というか、とにかく絶好調なのです。

画像: 開幕から悪くはなかったけど、走行ごとに一歩前進している感じです、と渡辺一樹

開幕から悪くはなかったけど、走行ごとに一歩前進している感じです、と渡辺一樹

画像: 今年はマシンもけっこう変わって、GSX-Rのいいとこを引き出せ始めています、と津田

今年はマシンもけっこう変わって、GSX-Rのいいとこを引き出せ始めています、と津田

2番手に渡辺一樹(ヨシムラスズキ)、3番手に津田が入って、ヤマハ-スズキ-スズキのフロントロー。2列目に野左根、渡辺一馬、高橋が入って、ヤマハ-カワサキ-ホンダが2列目。うーむ、中須賀絶対有利――そんな公式予選になりました。

しかし! 今日はチョー天気のいいオートポリスですが、あすは雨。しかもガッチリ降る予報がテッパンで、それも朝からシトシトシトシト、昼にはがっちり降る、そんな予報なんです。
「今日は中須賀さんに完敗。2秒も(実際には1秒9)も遅いなんて考えられない。でも、あしたは雨なんで、つけ入るスキはあると思います」とは、予選2列目6番手に終わった高橋。
雨の高橋といえば、思い出します。昨年の菅生大会で、中須賀は転倒でノーポイントに終わってしまったんですが、中須賀が転ぶ前に、ぐいぐいとトップを独走したライダーを! それが高橋でした。高橋、もともと雨も苦にしない、苦手じゃない、といいますが、明らかにあの菅生から完全にひと皮むけた、と中の人は見ています。中須賀に対抗するといば、やはり高橋の存在は無視できませんからね。
あす午前9時10分からのフリー走行、12時10分からの決勝レースとも、ほぼ雨になりそうな絶望的予報ですので、雨セットをいち早く見つけだしたチーム、ライダーが前に来るでしょう! あとは雨なら!という意外な顔ぶれも、腰たんたんと、いや虎視眈々と上位進出を狙ってくるでしょう^^

写真・文/中村浩史

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.