ユニークなデザインでコンパクトSUV市場を切り開いた日産ジューク。「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」「LDW(車線逸脱警報)」など高い安全性能も好評だが、このたび「ハイビームアシスト」も一部グレードを除き標準装備化されて本日より発売した。
画像: 15RX Vセレクション パーソナライゼーション。

15RX Vセレクション パーソナライゼーション。

画像: 「ハイビームアシスト」を標準設定(一部グレードを除く)。

「ハイビームアシスト」を標準設定(一部グレードを除く)。

ジュークの国内発売は2010年6月。斬新な内外のデザイン、優れた走行性能で一躍人気車種となった。以後、「NISMO」の追加や多彩なカラーリングを組み合わせた「パーソナライぜーション」の設定などラインアップを拡充してきた。

今回の仕様向上では、先行車や対向車のライト、さらに周囲の明るさを検知してロービームとハイビームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を標準設定(「15RX」、「15RX シンプルパッケージ」、「NISMO」、「NISMO RS」を除く)。安全性能がさらに高められている。

グレード構成・価格は以下の通り。

画像: 【ニュース】まだまだ頑張る! 日産ジュークが仕様向上して発売 2018年5月11日
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.